coicuruトップページ > ウォルター教授の研究レポート > ディープキスのやり方~膝から崩れ落ちる快感5つの方法!

ウォルター教授の研究レポート

ディープキスのやり方~膝から崩れ落ちる快感5つの方法!NEW!

ディープキスのやり方、誰に教わりましたか? 最後にしたのはいつですか? 単刀直入にお聞きしますが、あなたはディープキスのやり方ってちゃんとできていると思いますか? 自信を持てますか? キスも含めてディープキスって恋人同士や夫婦にとって大切なコミュニケーションの一つで、重要な愛情表現の手段です。

セックスもそうですが、ディープキスのやり方なんて学校なんかでは絶対に教えてもらえず、練習する機会もなくネットで調べたり自己流でなんとかやってきた人が100パーセント近いのではないでしょうか? 

恋人ができて、大好きな相手でなければディープキスをする機会すらないものです。

統計では、ディープキスを経験する年齢は全国16歳が平均です。あなたの年齢から差し引くと、やり方どころか練習なんてする機会はそうそうないはずです。

それに、女の子は特にディープキスって彼氏のやり方がどんなに上手くても、かなり気持ちが入っていないと「気持ちいい」などとは一切感じないものです。 

ぶっちゃけると、ただ舌を入れて絡ませるという行為。ぶっちゃけるとディープキスって、普通に普段生きている中で必ずしも日常生活でしなくても良い行為ですよね!?

だからこそ、ディープキスは求愛行動であり、ディープキスのやり方次第ではびっくりするくらい相手に愛を感じさせて気持ち良くすることができるのだと思います。1つは好きな相手であることと、上手いディープキスができること、この2つの条件で相手をぞっこんに夢中にさせることができます。

軽い感じのキスもそうですが、ディープキスになると…やり方さえ上手ければその愛情を伝えるうえで、とてつもなく大きなものになるんです。ディープキスさえ上手ければ、エッチの相性すら良く感じさせることができます。

そんな学ぶ機会の少ない相手を魅了するような上手いディープキスのやり方について今日はちょっと大人な感じで一緒に説明していきたいと思います♪

ディープキス、まずやり方よりも大切なのは…雰囲気づくりから♪

文頭でもお伝えしましたが、ディープキスって相手への気持ちが入っていないとできないものです。なので、相手の自分に対する愛情や愛おしさが感じられないと、その気持ちも入りません。フランクな軽いキスでも好きでもない相手とはしたくないはずです。

ましてやディープキスはセックスに延長として繋がりやすいものです。セックス中に多くやるようなディープキスともなるとその気持ちの入り具合はとても重要になってくるものです。

まずは、その時の言葉や視線、そしてタッチングなど、≪普段より優しく≫を心がけて、相手のことを思ってゆっくり時間をかけて雰囲気づくりをしてください。

そうすることで、相手も気分が高揚してきますし、あなたのそのディープキスを気持ちよく受け入れる体の準備ができあがります。好きな人とのディープキスってお互いにとって幸せな時間です。

「ずっとそうしていたい」って思えるようなそんな甘くて深いディープキスを、したいですよね? やり方次第で心も満たされる素敵な気持ちいい『ディープキス』ができるはずです。

関連記事

男性が思わず2度見する!モテるバストの作り方【完全保存版】

ディープキスのやり方はとにかく舌の力を抜く

ディープキスのやり方として、とにかく舌を絡ませようとやみくもに必死になってしまう人が多く見受けられます。

ディープキスで、しっかり相手の舌の感覚、感じていますか? 少しザラザラっとしていたり、暖かかったり。ディープキスのやり方でのポイントは力を抜き、自分が相手の舌の感覚をしっかり感じれているか? です。

上手いディープキスのやり方としては、たったそれだけです。後は舌の相性というものがウェイトを大きく占めます。ですが、これだけでかなり≪質の高いディープキス≫が可能です! 

ディープキスまでの流れも含めて今までやってきたディープキスがやり方として、間違っていなかったのか? それは相手に聞くのではなくて、自分自身に聞きましょう! 

最初にお伝えした通り、「ディープキスをして相手と舌を絡ませてどうだったか?」 これがしっかり答えれたら、その方法で間違ってはいないです。

少しザラザラっとしていたり、暖かかったりといった感覚だけではなく、自分の舌の温度と相手の舌の温度を確認できるくらいの余裕がでてきたら、やり方としては、相当上手いディープキスができているはずです。 

そうです! ディープキスのやり方で1番大事なのは、リラックスできているか? なんです。

関連記事

キスの種類っていくつ?1番ムラムラさせれるキス…その答えは?

ディープキスは緊張しないこと

ディープキスはやり方として、とにかくリラックスすることが大切です。それだけで「キスが上手い!」と感じてもらえることをお伝えしましたが、ディープキスほど緊張が相手に伝わる行為はないです。

あなたがディープキスで緊張していては、相手も緊張がうつってしまいます。そして緊張していたら、絶対にそのディープキスは気持ちいいと思ってもらうことは困難でしょう。

というのも、舌はあなたが考えている以上に、力が入りやすく、尖りやすいものです。

想像してください、ディープキスで硬い尖った舌を絡ませたいですか?それとも柔らかい舌を絡ませたいですか? もちろん後者ではないでしょうか?

ディープキスだけでなく、日常的な異性との対面でも、緊張していれば、力が入ってしまいますし、相手が緊張していれば自分にも緊張がうつってしまいます。

力が入っていると、デートで上手くコミュニケーションが取れずに相手が冷めた感じになってしまうこと、人見知りの人なら1度は経験があるはずです。

ディープキスはとにかく、感情がうつりやすいので、緊張しないことを大切にしてください。緊張するくらいならディープキスはまだまだ時期尚早ということです。あなたがリラックスしたときに迫ってみてください。

関連記事

「キス上手!」って思わせるための3つのえっちぃやり方♪

ディープキスのときの舌の感覚を自分の手の甲で確認してみよう!

手の甲の部分は、非常に血管に近いことからデリケートで感覚も研ぎ澄まされた部分です。自分がいつもどんなディープキスをしているのか?イメージして、舌で手の甲を舐めてみましょう! 意外に力が入りすぎていることに多くの人が気づくはずです。

自分で、少しでも舌が硬いと感じたら今までのディープキスはアウトでしょう。もっと上手くなれます! 

リラックスした状態で舌を確認して自分で硬いと思うんですから、ディープキス中の相手はもっと硬いと思うでしょう。

実践で試すよりもまずは、自分の手の甲で練習を兼ねて、確かめてみてください。

ポイントとして、手の甲から唇を1センチほど離してから、舐めてみることをお勧めします。

ディープキスを上手くするにはこの方法は大切です。理由としては、唇がくっついていたら、舌は思いのほか柔らかくなりやすいからです。

この舌の柔らかい感覚は、ディープキスに限らずに、セックスにおいて相手の体を舐める愛撫でも大切ですので、しっかりと何回も練習して確認しておきましょうね!

関連記事

愛情たっぷりの幸せなキスをしたい、されたい、そのために…

上手いディープキスはフェロモンがでます!

セックスにおいて、多くの人が自分より相手が余裕があると、フェロモンを感じるという研究結果があります。想像してみましょう。あなたの目の前で、相手が服を上手に緊張していないように脱いだら、少しドキっとしませんか?

中には、慣れてそうと嫌悪感を感じる人もいるかもしれませんが、実際に多くの人はこの余裕にフェロモンを感じるようです。

つまり、緊張していなくて力の入っていない上手いディープキスができたら、相手はあなたのキスの上手さにびっくりして、凄い量のフェロモンを感じるはずです。

「上手いディープキスと、それに伴ったフェロモンで、相手を包んでみたい」って多くの人がここでそう思ったはずです。

ディープキスで力を抜くことで、「この人ディープキスが上手い」と思われる以外にこういったフェロモンを感じさせるというメリットがあるのですから、もう必死で練習したくなっちゃうはずです!

関連記事

キスの仕方「舌の絡みが凄い」初めてのオトナのキス解析!

ディープキスが上手くて損することはない!

最後に、ディープキスが上手いと「遊び慣れてそう!」や、「これまでいろんな人とやってきたんだろうな」と、敬遠されそうと思うでしょうが、実は全くの逆です。気にしなくて良いことです。どんどん上手くなってください。

そもそもディープキスまで許した相手が、今更あなたのディープキスの舌使いが上手いくらいで、嫌われたりしません!好きだからディープキスを許すんです。嫌いな相手となんか舌を絡ませたりしません。

それよりも逆に、身体は正直ですからあなたのディープキスが上手いと相手はぞっこんになっていくでしょう。もし恋人が浮気をしたとしても、「やっぱりディープキスの上手さが違うなぁ」って思ってくれれば、必ずあなたの元に戻ってきます。

ディープキスの相性が良いと感じることは、体だけでなくて心までもすべての相性が良いと錯覚するからです。

関連記事

ディープキスの驚くべき効果!整形レベルで顔が変わっていく事実!

いかがでしょうか? ディープキスのやり方をお伝えしましたが、とにかく多くの人が必要以上に力を舌に入れすぎています。ディープキスは好きな人との甘いひと時です。上手いディープキスのやり方で相手の心を酔わせてじっくり舌を絡め合い味わいたいものです。

文頭から何度もお伝えしている通り、軽いキスよりも、より相手を近くにそして深く感じることができるディープキスは、相手の愛情もしっかり伝わってくるもの。

そしてあなたの愛情もしっかりと伝えながら、今回お伝えしたディープキスのやり方で、そのひと時を楽しみましょう♪ 

ディープキスのやり方のまとめになりますが、相手の気持ちも、体温も感覚をリラックスして感じること、そうすることでお互いの気持ちも昂ってくることでしょう。

付き合いの長くなった恋人同士であったり、結婚して夫婦になった2人もこういう雰囲気づくりや、これまでディープキスが上手いと感じてもらえ、やり方としてちゃんと出来ていたか? を見直してみましょう。

特に夫婦となるとディープキスの回数は圧倒的に減ります。ちょっと良い雰囲気のときに、今までのあなたからは感じられないような上手く優しいディープキスをされたら、目が覚めるような感覚を相手は感じるでしょう。

こうやって上手いディープキスを心がけて、そして常にリラックスを大事にしていくことで、きっと関係も円満になっていくはずです。

今回長々とお伝えしてしまいましたが、ディープキスのやり方で1番大切な点は舌を絡ませるときは力を抜くことです。ですから、いつもとちょっと違った感覚に相手を“ドキッ”とさせることも時にはいいのかもしれません。

ディープキスもする前からの気持ちの一工夫や、とにかくいつもより力を抜くことが大切で、その効果としてより気持ちが通じ合えるということをぜひ覚えておいてください♪ 

たかがディープキス、上手くても下手くてもどっちでもいいなんて思っていたら、大損してしまいます。 

この機会に今一度ディープキスを練習して気持ちいいと思わせれるように力の抜き方を体得しておきましょうね。

 

筆者:雪野にこ

2016/01/05 14:00 │ 恋愛ディープキスやり方気持ちいい

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック!

11,601 人が応援中です♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS
メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について