上月 あや
に相談する

coicuruトップページ > 恋愛マニュアル > 幸せホルモンが増え、顔が輝きだす5つの習慣♪

恋愛マニュアル

幸せホルモンが増え、顔が輝きだす5つの習慣♪

幸せホルモンと呼ばれる『セロトニン』を知っていますか?  この幸せホルモンであるセロトニンがきちんと分泌されていると、心が落ち着き幸せと感じます。つまり幸福感や満足感を感じることができるんです。だから、セロトニンは幸せホルモンと呼ばれているのです。

幸せホルモンであるセロトニンの効果は絶大です! セロトニンが分泌されると、精神的な安定が保たれるので幸せを感じるだけでなくストレスに強くなります。快眠効果もあり、疲れが取れやすくなります。などなど…幸せホルモンであるセロトニンには、嬉しい作用がいっぱい。

毎日、幸せそうで笑顔でキラキラ輝いている人は、幸せホルモンであるセロトニンがきちんと分泌されている人だと言えるでしょう。逆に、セロトニンが分泌されないと、幸せどころか心身に大きなダメージになります。免疫力の低下や、不眠症の症状などが出てきてしまいます。幸せが逃げてしまいます。精神的に落ち込んだり、不安な日が続くのは、幸せホルモンのセロトニン不足かもしれません! 

そこで今回は、幸せホルモンが増え、顔が輝きだす5つの習慣♪ を専門家であり筆者の上月あやが教えていきたいと思います。幸せホルモンであるセロトニンの分泌を習慣にすることで、毎日を幸せに過ごすことができますよ♪

幸せホルモンを分泌させるには、朝日を浴び、脳を喜ばせること!


幸せホルモンを出すのは、脳を喜ばせましょう! 幸せホルモンのセロトニンを増やすには、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びることです。朝日を浴びることで身体に朝を感じさせ、身体の体内時計をリセットさせてあげましょう。そうすることで幸せホルモンであるセロトニンが活性化されます。

雨や曇りで太陽が出てない時でも幸せホルモンは出せます。朝起きたら幸せになるためだと思って、電気を付けて部屋を明るくしましょう。

暗い夜に寝て、明るい朝に起きるという規則正しい生活が幸せホルモンであるセロトニンの分泌を増やしてくれます。

これを怠ると幸せホルモンは消えていきます。

関連記事

聞き上手って!?たった10秒で好かれる人になる3つのコツ!

幸せホルモンを分泌させるには、一定のリズムで行う運動!


幸せホルモンのセロトニンを増やすには、一定のリズムで行える運動を軽くしましょう。ジョギングやウォーキングなど疲れない程度に行います。疲れてしまうと幸せホルモンであるセロトニンは分泌されず逆効果になってしまうので気を付けて下さいね。

運動は幸せを呼びます。

天気が悪いならその場でリズムよく足踏みやスクワットで、幸せホルモンであるセロトニンを活性化することができますよ。幸せになりたいなら簡単なリズム運動を軽く心掛けましょう。

これだけで幸せホルモンは分泌されます。

関連記事

マメな男はモテる!マメな男の行動を徹底解剖!

幸せホルモンを分泌させるには、カレーなど食べ物で補給する!


幸せホルモンはカレーで分泌されます!

幸せホルモンのセロトニンを増やすには、バランスの良い食生活はもちろんですが、食べ物で補給することもできます。幸せホルモンであるセロトニンを作るのに欠かせない「トリプトファン」を多く含んだ食品を摂ることで補給できます。

バナナやナッツ類、大豆製品にも多く含まれています。あとは幸せの即効性には、カレーがお勧めです。

そればかりを中心に摂るのではなく、バランス良く摂ることで幸せホルモンであるセロトニンが活性化します。

食べ物からも幸せホルモンを増やしましょう。

関連記事

ホントはモテる!?見えざるオタク系男子の4つの真実って?

幸せホルモンを分泌させるには、人や動物とのスキンシップ!


幸せホルモンのセロトニンを増やすには、大切な人や動物とのスキンシップをしましょう。大切な人や動物と触れ合うことで、幸せホルモンのセロトニンの分泌が増えるんです。

恋人と手を繋いだりハグしたり、スキンシップは直接幸せを感じれるので、できるだけ多くしましょう。大切な人といると心が落ち着くのは、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されているからなのです。

飼っているペットとの触れ合いでも、同じ幸せホルモンの分泌効果が得られますよ。癒されている時は、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されています。

疲れている時こそ、恋人に無性に会いたくなるのは、幸せを感じて癒されたいからなんでしょうね。

関連記事

モテる仕草で女性のハートを掴め!女性にモテる男性の仕草とは?

幸せホルモンを分泌させるには、よく笑い、泣いてもよし!


幸せホルモンのセロトニンを増やすには、よく笑い泣くことです。感情表現を押し込めずに解放してあげることが幸せを感じるには大事です。その中でも、笑っている時と泣いている時は幸せホルモンのセロトニンが活性化されます。

笑えない時でも、口角を上げて笑顔を作るだけでもその幸せ効果は得られます。

泣きたい時も我慢しないで泣くことで幸せになれます。泣ける映画を見て泣いても幸せホルモンであるセロトニンが活性化されますよ。感情を豊かに表現できる人が輝いて見えるのは幸せホルモンのセロトニンのおかげかもしれませんね。

関連記事

モテる人になりたい!そう思うなら絶対にやめるべきこととは?!

いかがですか? 

幸せホルモンが増え、顔が輝きだす5つの習慣♪ を専門家であり筆者の上月あやが紹介しました。幸せホルモンであるセロトニンを増やす行動はぜひ、毎日の習慣にして欲しいです!  そうすることで、落ち込んだり、憂鬱になる日がだんだん減って幸せが増えていきます。特に難しい習慣はありません。どれも、毎日取り入れられるものばかりです。

継続して行うことでストレスに強くなり、幸せって感じる幸福感を感じることができます。そうすると、自然と笑顔になることも増えるでしょう。今一度、自分の生活習慣を見直してみて下さい。

幸せホルモンを増やす為に、出来ることから早速、始めていき自分の嫌な感情に負けない生活をしましょう♪ 


筆者:上月あや

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

上月 あやに相談する

関連記事

関連記事はありません
サイト内検索
facebook シェア
ツイート
はてなブックマーク
mixi
Pocket
RSS

著者

上月 あや

上月 あや

上月あや:長崎県生まれ、福岡県育ち。ライター歴、4年。責任感が強いがゆえ、できることとできないことを瞬時に判断してできないことはスッパリ断る。現実主義。そんな性格から自身の執筆しているコラムの読み手や相談者に対しても、リスクの軽減を最優先として、歩調を合わせて目標を達成していくことを方針としている。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について