雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  メールを使って必ず相手の「心を打つ」文章テクニック!

ウォルター教授の研究レポート

メールを使って必ず相手の「心を打つ」文章テクニック!NEW!

好きな人とのメールって、とっても楽しい! でもただただどうでもいい話をするのはナンセンス! メールも恋愛の大きな武器になるんです!
好きな人とのメールで、相手のハートの矢が自分に向くためにはどうしたらいいんですか?

メールを使って必ず相手の「心を打つ」文章テクニックがあれば、今の時代、メールやSNSでのコミュニケーション能力は恋愛だけでなく人間関係全般的に必要不可欠なテクニックですよね? でもそのお手軽感からその文面などにあまり気を遣えている人って少ないのではないでしょうか?

あなたはどうですか? そのメール一つにしても時に大きな武器になるってことをご存知でしょうか? 

相手の“心に残る”そんな演出テクニックというものが実は存在します! 

残念ながら……普通のメールじゃ相手にそんなに気に留められることなく、読み流されてしまうのがオチです。

これからお話するのは、相手がついつい真剣に見入ってしまうようなメールのテクニック! 

これで未読無視や既読無視なんて絶対なくなりますよ♪ ではそのテクニックの全貌をお見せしましょうか。

相手に伝えたい大事なことは…『最後に…』を使って最後に入れよう!

メールの最後にこの一言? これだけ?
実は実は、この一言が大事だったりするんです!

これは人間の心理をうまく利用したメールのテクニック♪ 

人の心理では、最後に言われたことが一番“心に残る”ということがわかっているんです! 

あなたは知っていましたか? 

それに、内容のない何通にも渡るメッセージのやり取りって……相手にとってどうだと思いますか? 

例えばあなたならどうしますか? 

見ても返すのが億劫になってしまったり、見ることすら面倒になってしまいませんか? 

そういうところから未読無視や既読無視って起こるんですよね。

なので、伝えたいことはハッキリ! そして最後に伝えること、これが相手の印象に深く残ることになるんです。

メールで好印象って与えるのは難しいって思われがちですが、これならそれができちゃうんです。

メールって自分発信の一方的なものになりがちですよね? 

でも、そんな所にもきちんと気を遣うことができる人こそが好かれる人なのかもしれませんね♪

メールって気軽で便利なコミュニケーションですよね。今しない人っていないでしょう。

毎日何気なくつかっているメールも、ちょっとした気の遣い方であなたを表現できる、そんなツールなんです。

読みやすくて印象の良いメールって返信が来るのは確実です! 

あなたのお誘いも……興味を引くことができなければ流されてしまうことも! そんなの嫌ですよね。

せっかく連絡先を交換しても、そこで満足してはいけません。メール一つにしても相手のことを思いやること、それが大事なんです。

たかがメールと思っていてはせっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねませんよ! 

ちょっとしたテクニックでメール上手になってくださいね♪

メールって、今や欠かせないコミュニケーション手段の一つ。たかが文字、でもその威力はハンパないんです!

この記事を今見ているってことは……「好きな人のメアドGETできた!」「好きな人にどうやってメールしたら⁉」って、メールで相手の気持ちを自分に引き寄せたいって思っているからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、あなたの性格、好きな人との今の関係性、好きな人への気持ち、普段あなたが送っているメールの内容、普段メールをするときに気をつけていること、困っていることや悩みに思っていることなど、具体的にわたしに教えてください♪

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

 

筆者:雪野にこ

2017/11/01 09:00 著者:雪野 にこテクニック好きな人LINE

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

14,899 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について