上月 あや
に相談する

coicuruトップページ > ひいらぎ先生の診療所 > 夫婦になってもラブラブ♪ずっと恋人みたいな関係を維持する秘訣4つ

ひいらぎ先生の診療所

夫婦になってもラブラブ♪ずっと恋人みたいな関係を維持する秘訣4つ

夫婦になっても、いつまでもラブラブでいたいですよね?  「結婚は地獄」だとか、「結婚なんて自由がなくなるだけ」とか、結婚に対してあまりいいイメージを聞きません。せっかく晴れて夫婦になっても、それでは悲し過ぎます…。結婚したら、ラブラブではなくなってしまうのは、何ででしょうか? 

そうなってしまった夫婦は原因がわかっていると思います。やはり、いつまでもラブラブでいるには努力が必要です!  どちらかが諦めてしまうとラブラブではなくなってしまいます。努力といっても、そんなに難しいことではありません。夫婦になっても、子供がいてもラブラブな夫婦も沢山います! 

今回はそんな夫婦のラブラブの秘訣を筆者の上月あやが紹介します。今からでも遅くありません、ラブラブになりましょう♪

■:感謝の気持ちを言葉にする

夫婦がラブラブでいられる為には、感謝の気持ちを伝えましょう。「ありがとう」と言葉に出すだけです。夫婦になると、するのが当たり前みたいになることが多いのですが、常に自分にしてくれていることに感謝を忘れないで下さい。それを口に出し、相手を労ってあげましょう。

■:「いってらっしゃい」「お帰りなさい」のキス

夫婦がラブラブでいられる為には、スキンシップが重要です。恋人同士の時にはたくさんしていたキスも回数が減っていませんか?  子供の前でも、喧嘩していてもいってらっしゃいの時とお帰りなさいのキスは必ずするようにして下さい。これは最低の回数です。もっとできるのであれば、もっともっとスキンシップを取ってくださいね。

■:一緒にご飯を食べる

夫婦がラブラブでいられる為には、一緒に過ごす時間を大切にすることです。同じ場所に暮らしていても、お互いが別々のことをしていたら、やがてすれ違いが生じてきます。旦那さんの帰りが遅いなどと難しいこともあるかもしれませんが、せめてご飯は一緒に食べるようにしましょう。時間がずれたとしても、同じてーブルに座り、同じ時を過ごすように心がけましょう。

■:目を見て会話をする

夫婦がラブラブでいられる為には、コミュニケーションが必要です。今日あったことなど、何気ないことでも相手の目を見て話す。ちゃんと、相手の話しを聞いたり、自分のことを話すことでストレスも溜まらなくなります。夫婦でも、それぞれ悩みは抱えています。それを共有してあげられるように、会話をしましょう。

いかがでしたか?夫婦がラブラブでいられる為には、継続させることが大事になってきます。恋人同士の時には当たり前にしていたことでも、夫婦になりだんだんしなくなっていくと、2人の仲も冷めていきます。

いつまでもラブラブでいられる夫婦はこれらのことが習慣になっている夫婦ばかりです。そうなってしまえば、努力もする必要がありません。習慣になるまでは継続させる努力を頑張って下さい。楽しい夫婦生活になりますよ♪ 


筆者:上月あや

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/29 09:00 著者:上月 あや夫婦ラブラブ長続き結婚

上月 あやに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
はてなブックマーク
mixi
Pocket
RSS

著者

上月 あや

上月 あや

上月あや:長崎県生まれ、福岡県育ち。ライター歴、4年。責任感が強いがゆえ、できることとできないことを瞬時に判断してできないことはスッパリ断る。現実主義。そんな性格から自身の執筆しているコラムの読み手や相談者に対しても、リスクの軽減を最優先として、歩調を合わせて目標を達成していくことを方針としている。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について