久我山 ゆに
に相談する

coicuruトップページ  >  ひいらぎ先生の診療所  >  【成功例】LINEでの告白!成功者が使った裏ワザ5つ!

ひいらぎ先生の診療所

【成功例】LINEでの告白!成功者が使った裏ワザ5つ!NEW!

LINEで告白、あなたはアリ派? ナシ派? 20代~30代の男女にLINEでの告白がありかどうかを調査した結果は「直接会って告白されたい」と答えた人が9割を占めました!
告白みたいに大事な話なら、やっぱり会って直接、が嬉しいです~。

しかし、女子高生と女子大生を対象に行ったアンケートでは、約8割の女性が、LINEで告白した、もしくは告白された経験があるという事が分かったそうです。

まだ浸透しきってはいないものの、LINEで告白するのが主流になる日も近い?! 

今日は筆者であり専門家の久我山ゆにが、LINEの特性を生かした告白の仕方をご紹介したいと思います!

LINEで告白がありな理由、思い出を形に残せる

LINEで告白したら、告白した、告白された、っていう思い出を形に残せるのはメリットかもですね。
告白したら(告白されたら)、とりあえずスクショしちゃうよね。記念に残しておけるのは嬉しい!

大事に保存して時々読み返す事で、付き合い始めた頃の気持ちを忘れずにいる事ができますね♪ 

最近、彼と喧嘩してばかりだな……なんて感じる時にも、告白の初々しいやりとりを2人で見れば、初心に帰れる良いきっかけになりそう。

LINEでの告白は、気まずくならなずに済むからアリ!

LINEで告白するメリットといえば、告白の時の、あの気まずい雰囲気を防げるのは大きいです!
LINEなら、相手に届く前に、よく考えて文章を書き込めるし、勇気を出すのは送信ボタンを押す瞬間だけだもんね!

好きな人を目の前にすると、どうしても勇気が出なくてナカナカ告白のセリフを言い出せず、告白のタイミングを逃してばかりの時ってありますよね。

もしその場で告白の返事が貰えなかったり、フラれてしまったとしても、顔を合わせない状態のLINEの方が、相手に気まずい思いをさせるのも最小限に出来ます。

自分もなんとか冷静な返しを出来そうですね。

LINEでの告白は、ちょっとした仕掛けも楽しめる!

LINEでの告白には、ちょっとした小ワザを挟んじゃう人もいるらしく、告白のLINEだけでもドキドキだけど、送られてきたメッセージを縦読みすると、さらに別の言葉で告白されちゃう、なんて仕掛けがあったり?! 

凝ってる~! 告白でいっぱいいっぱいかと思いきや、そんな遊び心まで……!

ただ、注意したいのは、普通の会話のメッセージに縦読みの告白を仕込んでも、気付かれずにスルーされる可能性アリ。

気付かれても告白の本気度は伝わらないので、あくまでも、縦読みでの告白をメインにせず、告白のおまけの感覚で取り入れましょう。

LINE告白のありがちな失敗を防ぐ方法、相手の状況を確認してから決行!

LINEでの告白は慎重にならなきゃ、手軽な分、やっぱりトラブルや失敗もありますよね?

そうなんです。告白の本気度が全然伝わらない……なんて、シャレにならん!

LINE告白のありがちな失敗を防ぐ方法は、相手の状況を確認してから決行!

LINEで告白する時は、相手の状況をしっかり確認してから告白を決行しましょう。

相手が忙しい時や誰かと一緒に居る時、寝てる時に告白しても、告白の本気度が全然伝わらない可能性が……。

事前に気軽にLINEでやりとりを出来る関係になっておくのはモチロン、相手の生活スタイルを把握して、1人でじっくり告白LINEを読んでもらえるタイミングを狙いましょ。

LINEで告白…失敗を防ぐには、告白する相手は信用できる人!

気をつけたいのは、 LINEで告白する時は、絶対に信用出来る相手の時だけだよ!
相手が悪いと、告白のやりとりを形に残せるというLINEの特性を悪用される可能性も。「告られちゃった~」なんて友達に自慢する材料にされたら最悪……。 

告白されるくらいの人だから、きっと素敵な人がほとんどだと思いますが、見た目から好きになって、彼の性格をまだよく知らない場合は特に注意です。

悪気はなくても、相談する為に友達に告白のやりとりを見せてしまう人も居るかもしれません。

LINEでの告白は、相手が信用できる人の場合か、自分が「告白LINEを見られても恥じる事はない!」と開き直れる人の場合におすすめします。

LINE告白でのありがちトラブルを避けるには、告白の返事は待つ覚悟で決行!

LINEでの告白で、「こんなハズじゃなかった~」となりがちなのが、相手から告白の返事がすぐ貰えなかった場合に、自分からアクションを起こしにくい事。
催促のLINEも送りにくいし、いつまで待つのかもワカラナイ……。つら!

そんな事にならない為に、まず、LINEで告白する時は、曖昧な言葉じゃなくハッキリ好きだというワードを使って、付き合ってほしい、返事がほしい、という事もしっかり伝えるべし。

一度返事が欲しいと伝えたら、後はモヤモヤ落ち着かないでしょうが、相手のタイミングを待つのがマナーです。

LINEで告白、アリかも?って事で、今日は、久我山ゆにがLINEで告白するメリットや告白する時の注意点をお話ししましたが、いかがでしたか?

恋愛以外のやりとりでも便利で手離せなくなってきたLINEですが、告白にも使われるようになってくるとは、侮れない!

告白なんて、直接会って伝えるのが当たり前だと思っていた人も多いでしょうが、LINEでの告白のメリットには正直、少し惹かれる部分もありますね。

頑なに否定せず、良い部分は取り入れる気持ちを忘れなければ、もっとステキな技が見つかるかもしれませんよ!

LINEでの告白、ポイントさえ押さえれば……ナシじゃないんです!

この記事を今見ているってことは……「告白したいけど、直接はムリ!」「LINEで告白ってアリ?」って、LINEでの告白を迷う気持ちがあるからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、あなたの性格や行動の癖、好きな人との関係性や今の気持ち、悩みに思っていることなど、具体的にわたしに教えてください♪

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

筆者:久我山ゆに

2019/05/17 21:00 専門家:久我山 ゆにLINE告白片思い

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

13,479 人がイイネしました♪

久我山 ゆにに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

久我山 ゆに

久我山 ゆに

恋の相談のスペシャリスト。男女問わず幅広い層からの圧倒的な支持。執筆内容から❝情熱的である一方でその正確さは稀にいない❞との対外的評価を常に受ける。インテリア・ガーデニング・漫画が好きなどと多趣味であり、仕事と趣味での活動範囲は全国に及ぶ!

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について