雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  告白の断り方のお手本「お互いに後腐れなし」傷つけない振り方4つ!

ウォルター教授の研究レポート

告白の断り方のお手本「お互いに後腐れなし」傷つけない振り方4つ!NEW!

告白の断り方って、すごく悩んじゃいますよね。「告白の相手との関係性を崩したくない」「告白の断り方で告白の相手を傷つけることはしたくない」、そう考えるとどんどん深みにハマっちゃったり……。下手な断り方をすると、あなた自身の印象も最悪に! だから告白の断り方って難しいっ!

もちろん、告白された方も告白した方も誰もが傷つかない、そんな断り方をするのがベスト。

しかし、告白を断る方も告白を断られる方も傷つかない告白の断り方って、どうやったって自分では思いつかないもの。

じゃあ、告白の相手がこんな断り方をされたら絶対に傷つく、最悪な告白の断り方ってあるの? 

絶対NGな告白の断り方、それを避けることができれば両者が傷つくことが最小限で済むのかもしれません。絶対にNGな告白の断り方、知りたくありません?

こんな告白の断り方はダメ! 告白の相手を傷つけてしまう絶対NGな告白の断り方、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

告白の断り方ってなぜ大事なの?告白の断り方を間違えるとトラブルに!

告白の断り方で悩むことって、実は告白を「OK」する返事の仕方を悩むよりも、大きな悩みになるのかも。

告白の断り方を考えることって、もちろん一番は告白の相手のため。でも! 告白をされた自分のためでもあるんです。

だから、告白の断り方って、より慎重に考える必要があるんです。

告白の断り方を間違えてしまうと……その後の告白相手との関係性も崩れる危険性もあるんです。

それだけではありません。告白の断り方次第では、あなたと周りの人との関係性にも影響することも。

★告白の断り方で、告白相手を傷つけてしまうこと。

★告白相手への優しさのつもりで、曖昧な断り方をしてしまって告白の相手へ勘違いさせてしまうこと。

★告白の仕方で告白の相手からの逆恨みされてしまうこと。

告白の断り方によって起こる問題はこのようなこと。

告白の断り方次第で、告白相手も自分自身もも傷つくことになりかねないんです!

告白後のトラブルを防ぐためにも、告白の断り方ってとっても大事なんです。

絶対NGな告白の断り方はNG!“男であっても女であっても相手を批判する言葉での断り方”

こんな告白の断り方は、絶対にNGな断り方です。

それは、告白の相手をただ傷つけるだけの言葉での告白の断り方。

これは、絶対にダメ。相手を傷つけることはもちろん、あなた自身の人間性も疑われます。

告白を断るときに絶対に言ってはいけない告白相手を傷つける言葉って、どんな言葉か知ってる? 

それは、相手のプライドを傷つける言葉です。

例えば、こんな言葉。

「生理的に無理」

「キモイから無理」

「ブスは無理」

などなど、相手のことを批判する言葉での断り方がNGなんです。

これでは、告白した方も気分が良くありません。

告白相手から逆に「何だコイツ」なんて思われても仕方ないんです。

告白の断り方で、自分の価値も下げてしまうことになってしまうので要注意です。

こんな告白の断り方はダメ!“告白相手への思わせぶりな態度や言葉での断り方”

こんな告白の断り方は絶対にダメ。

それは、告白の相手への思わせぶりな態度や言葉での断り方です。

告白されたけど、「お付き合いすることはできない、でも告白された相手に嫌われたくない」って思っちゃうのは、当然の心理。

でも、それで思わせぶりな断り方をしてしまうと……。

相手はあなたへ「もしかして……」なんて期待しちゃうんです。

お付き合いできない気持ちが変わらないのであれば、きちんとその気持ちを伝える断り方をするのも告白された相手への思いやりではないでしょうか?

告白相手の気持ちを弄ぶような思わせぶりな断り方は、告白相手のためになりません。

どうですか? 自分がこんな断られ方されたら、イヤじゃない?

気持ちがないのに、告白相手に期待させるような断り方は絶対にNGです。

“きちんと振る”、これも告白を断る上では大事なことなんです。

こんな告白の断り方じゃ相手を傷つける!“告白相手への誠意のない断り方”

こんな告白の断り方をしちゃうと、相手をぜったいに傷つけてしまうんです。

それは、真剣に告白をしてきた相手への誠意のない、真剣さの感じられない態度や言葉での断り方です。

告白相手は、あなたへの真剣な想いを告白で伝えてくれているんです。

告白相手に対して、こんな失礼な断り方をしてはいけないんです!

★真剣なに対して告白相手の前で笑ってしまったりする態度

★「またまた~」「冗談でしょ?」なんて告白相手を茶化した態度

こんな態度や言葉での告白の断り方は、誰だって大きく傷つきます。

告白じゃなくても、相手が真剣に話をしているのに、冗談みたいに流されたりすると嫌な気持ちになりませんか? 

それが勇気を振り絞っての告白だとしたら……バカにされたと思われても仕方ない断り方です。

逆に告白相手に嫌悪感を与えてしまう、そんな告白の断り方はあなたの印象も最悪になってしまうんです

告白してくれるまでに、「好き」になってくれたその気持ちにはしっかり敬意を払いましょうね。

それが、断ることになる告白だったとしてもです。



こんな告白の断り方はダメ! 告白の相手を傷つけてしまう絶対NGな告白の断り方、これについてお話してきました。

いかがでしたか?

あなたは今まで、してはいけない告白の断り方をしてしまってませんでしたか?

傷つけない告白の断り方よりも、知っておかなければいけないのは、告白相手を絶対に傷つけてしまうNGな断り方。

これをしっかりと知らなければ、気づかぬうちに相手を傷つけてしまうことになるんです。

相手は、勇気を出してあなたに告白してきているんです。

断るにしても、きちんとその気持ちに真摯に向き合わなければいけません。

それが、告白してきた相手への誠意ではないでしょうか?

告白の断り方にあなたの人間性が表れてくるんです。

あなたは大丈夫ですか?

せっかく「好き」になってくれた人を、下手な断り方でがっかりさせないでくださいね。

 

筆者:雪野にこ

2018/09/05 12:00 著者:雪野 にこ恋愛告白関係性

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

14,438 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について