久我山 ゆに
に相談する

coicuruトップページ  >  ひいらぎ先生の診療所  >  SNS疲れの怖い症状!蓄積された憂鬱を解消する5つの方法

ひいらぎ先生の診療所

SNS疲れの怖い症状!蓄積された憂鬱を解消する5つの方法NEW!

SNS疲れを感じたことはありますか? スマホ普及率とともに、SNSの利用も増加……SNS疲れは他人ごとじゃありません。便利で楽しいハズのSNSなのに、SNS疲れに悩まなくちゃいけないのは、もったいない!

便利なツールにだって、良い面があれば悪い面も当然あるワケで。使いこなすには、リスクをしっかり理解しておくことが必要です。

今日は、筆者であり専門家の久我山ゆにが、SNS疲れに陥らない為の、賢いSNSの使い方を提案したいと思います。

SNS疲れの原因は、Facebookでのプライベートのダダ漏れ感

SNS疲れを感じている人に原因を聞いてみると、色んな意見が挙がるんですが、SNSの種類ごとに原因を追究してみましょう。

まずは、Facebookでのプライベートのダダ漏れ感が引き起こすSNS疲れです。

Facebookは公開範囲は選択できるものの、基本的に、名前をはじめ、自分自身の情報を載せることで、知り合いが自分を見つけてくれたり、古い友人と繋がれたりするのがメリットです。

連絡先がわからなくても、Facebookをやっていれば知り合いを探せるかもしれないって、すっごく便利で嬉しいシステムですよね!

だけど、自分が特定されることがSNS疲れにもなるんです。

例えば、嫌いな人だったり、仕事関係の人だったりと、繋がりたくない人から友達申請が来てしまう! プライベートな投稿を見られたくない相手もいますよね。

投稿に公開する相手に制限をかけることもできるけど、イチイチ公開範囲を考えるのも面倒だし、友達同士で、繋がっている人といない人、投稿が見れる人と見れない人、色んな差が出るのも気まずいですよね……。

関連記事

SNSは彼氏とのトラブル必須?!上手にSNSを利用する方法

SNS疲れは、LINEの「捕まってる感」が原因

次はLINEです。SNSの中でもいちばん利用している人が多いと言っても過言じゃないLINE。今ではすっかりメールよりも主流になっちゃいました。

LINEが引き起こすSNS疲れの原因は、リアルタイムのやり取りになってしまうことです。

未読か既読かが一目瞭然! 読んでるのに返事をしないとカンジ悪いし、やりとりが始まってしまうと、やめどきがわからなくなることも……。

グループトークが盛り上がっている時もやっぱり「リアルタイム」が重要で、タイミングを逃すと話を聞き逃してしまったり、意見を言いそびれたり。

だけど参加していたら勉強や仕事など、自分のことができない。すごく時間をとられてしまう気分になっちゃいます。

空き時間にSNSを利用するというより、LINEに生活を振り回されている!

これじゃ、SNS疲れになるのも当然です。

関連記事

「LINEやめたい…」けどやめられない?【やめるメリット2つ】

SNS疲れの原因は「Instagramでの背伸びしたくなる感

最近、女性の利用者がどんどん増えているのが、インスタことInstagramですね。

LINEやFacebookと違って、Instagramはニックネームで登録できるので、気軽に利用できるのも魅力です。

そんなオシャレで魅力的なSNSですが、どんなところがSNS疲れを引き起こしているんでしょうか?

それは、「オシャレな投稿をしたい!」「たくさんイイねの評価をされたい!」という欲求が強くなり、ついつい背伸びしすぎてしまうことです。

話題のお店や食べ物の情報には敏感にアンテナを張って、いち早く食べに行く。(……というより撮りに行く。) 

常にインスタ映えを意識して、食べきれない量の料理を注文したりと、写真を撮る為の生活をおくる行き過ぎた人も。

こんなことを続けていたらSNS疲れに陥りますよね。いや、むしろ一刻も早くSNS疲れを感じてほしい!

せっかくの美味しい料理も、楽しめる場所も、ぜーんぶ写真の為だなんて悲しいです。

関連記事

インスタ映えには法則が?初心者でも1000イイネ取れる撮り方!

SNS疲れに陥らない為には、SNSを使い分ける

SNS別に、どんなことがSNS疲れの原因になっているのかをまとめてみましたが、「なーんか疲れたなぁ」と漠然と感じていた人は、当てはまる原因がありましたか?

これらのSNS疲れを起こさない為には、SNSを使いわけてみましょう!

複数のSNSを利用している人は多いと思いますが、TwitterやInstagramは複数のアカウントを持つことができます。

複数のアカウントを使い分けると聞くと、ちょっと面倒な気がしちゃいますよね。

だけど、意外とアカウントの切り替えはワンタッチで簡単にできちゃったりするし、アカウント別に投稿内容やフォロワーをまとめることで、逆に使いやすくなる場合もあるんです。

SNS疲れを予防できるなら試す価値アリ!

まず、全部のSNSが本当に必要か? どれかに絞ることはできるか? を決めます。

そこから「趣味のアカウント」「ネット上だけの友達と繋がるアカウント」などグループ分けすることで、投稿する側も見る側も使いやすくなるハズです。

例えば、仕事関係や目上の人もいる「大人の対応が必要な場」はFacebook、「趣味」と「リア友との交流」はInstagramでアカウントの使い分け、

といった具合にハッキリ分けてしまえば、繋がりたくない人から申請が来ても大丈夫! 「このSNSは〇〇用なので」と断る口実にもなります。

どうしても、と言われたら大人の対応をしているFacebookに誘導しちゃえば良いですよね。

関連記事

片思いの彼へのLINE♪ウザがられない為の4箇条

SNS疲れしない為には、「割り切る

どのSNSにも言えるのが、ある程度割り切る気持ちが大切です。

LINEにリアルタイムで反応できないのも、忙しい人ならしょうがないことです。

「この時間帯は、チラ見はできても、ゆっくり返事を打てる余裕はないから待ってて。」「グループトークになかなか参加できないけど、遅れてもちゃんと読むね。」など、

あらかじめ断りを入れておけば、相手にも嫌な思いをさせずに済みます。

複数の友達の関わりでは、「毎回必ず参加したい」「ちゃんとグループの中に居たい」とヘンな呪縛にとらわれるのも疲れてしまいます。

たまたま時間が合った人同士が集まっても、「仲間外れ、ヒドイ!」と被害者意識を持たないようにしましょう。

SNSでは、やりとりの中で、知りたくなかった部分がうっかり見えてしまったりもします。それにいちいちショックを受けていたら身がもちません。

無理せず付き合う! 無理な時は割り切る! SNS疲れを回避するには、何もかも合わせすぎないことが大事です。

今日は、SNS疲れに陥らない為のSNSの使い方を久我山ゆにがお話ししましたが、いかがでしたか? 

便利で楽しいSNSですが、SNS疲れを感じたり、スマホ依存になってしまうのは避けたいですよね。自分のルールをしっかり作って、賢く利用しちゃいましょう。

 

筆者:久我山ゆに

2018/05/14 18:00 著者:久我山 ゆにSNS疲れ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック!

14,064 人が応援中です♪

久我山 ゆにに相談する

関連記事

関連記事はありません
サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

久我山 ゆに

久我山 ゆに

恋の相談のスペシャリスト。男女問わず幅広い層からの圧倒的な支持。執筆内容から❝情熱的である一方でその正確さは稀にいない❞との対外的評価を常に受ける。インテリア・ガーデニング・漫画が好きなどと多趣味であり、仕事と趣味での活動範囲は全国に及ぶ!

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について