久我山 ゆに
に相談する

coicuruトップページ  >  ひいらぎ先生の診療所  >  離婚したい原因トップ4と想定できない離婚後の後悔3つ

ひいらぎ先生の診療所

離婚したい原因トップ4と想定できない離婚後の後悔3つNEW!

離婚したい!って思う瞬間は、長い結婚生活の中で誰にでも1度くらいはありそうですよね。
違う環境で育った違う人間だから、価値観の違いや意見の食い違いから、うまくいかない時があるのは当たり前。でもどこまで我慢するべきなのか、判断が難しそーう。

離婚したい! を行動にうつして、後々に後悔しちゃうパターン3つと、離婚の4大原因を、筆者であり専門家の久我山ゆにが、お話ししたいと思います。

離婚したい!と悩んでいる人は、本当に離婚しちゃう前に、一度読んでみてください。

もう限界!離婚したい原因4位、「同居問題」

 

「離婚したい!もう限界!」と感じるのはどんな時だろ? 離婚したい! が実行されちゃう原因、気になります。
うんうん。皆どんな事で悩んでるのか気になるよね。離婚したい原因でけっこう多いのが、義理の両親との同居問題だよ。

結婚する時に「同居はしないよ」と口約束していたとしても、状況が変わることは充分に考えられます。

両親が歳をとって困っている姿を見ると、息子である夫は簡単に突き放すこともできず、「ごめん、同居したい」なんて口走ることがあるかもしれません。

それが妻には自分を蔑ろにされているように感じてしまいます。

妻も、義両親のことが心配でも、同居となると簡単に決める事はできないんです。

相談する前に夫の気持ちが固まっていたり、義両親の強引さにハッキリ意見を言ってくれなかったり……離婚したい気持ちの積み重ねは、ここから始まるんですね。

 

離婚したい原因3位はやっぱり「異性関係」

離婚したい!もう限界!って、確かに異性問題は心が折れちゃいそう……。信じてた人に裏切られちゃうんだもんね。
「男は浮気をする生き物だ」と言われることもあるけど、女が皆それを許せるとは限らない!

「離婚したい」って考えに至る女性がいるのは当たり前です。

特に、奥さんが妊娠や出産で心細くなっている時や、育児で疲れている時の夫の浮気は重罪……。

きっと「離婚したい」って気持ちでいっぱいになるでしょう!

2位は、「お金の問題」が離婚したい原因に!

結婚生活にお金は必要だけど、離婚したいって思うほどのレベルとは?
お金の事で揉めたくないって思っていても、家庭や子どもを守る責任がある! ある程度のレベルを超えると、離婚したい原因になるよね。

借金を抱えている、浪費家、お金の使い方がケチすぎる、将来のことまで考えていない……などなど、金銭問題といってもイロイロ。

結婚生活で、お金はなくてはならない物なので、お金の価値観が合わないと、離婚したいって思う原因になるのも納得ですね。

 

離婚したい原因1位はやっぱり「性格の不一致」

離婚したい原因の第1位は、やっぱり性格の不一致だったー!
ずっと一緒に生活していくって、我慢できる事とできない事が出てくるのは仕方ないのかもしれませんね。

相手の癖や欠点。一緒に生活するようになると「見ないフリ」では済まないこともたくさんありますよね。

似た者同士で気が合うカップルも、安心しきってはいけませんよ? ある時、めずらしく意見が対立して、それが「離婚したい」にまで発展することだって充分あり得ます。

日頃から口癖のように離婚したいって言っているカップルより、いつも仲良しで喧嘩慣れしていないカップルの方が極論に達しやすかったりもするんです。

油断は禁物!

離婚したい!を貫いて、後悔するのは「子どもの事」

離婚したい希望が通り、1度は離婚してスッキリしたものの、後になって離婚したことを後悔することって女性に多いんだとか……。
「離婚したい」と考えているあなた! 離婚を迷っているなら、実際に離婚した経験者の話を聞いてからでも遅くない!

離婚した夫婦が復縁するケースもありますが、離婚にはかなりのエネルギーが必要です。

離婚したい! でも離婚したあとに後悔するのは、子どものことです。

離婚して離れて暮らすことになれば、子どもの成長を間近で見られなくなるし、自分も子どもも寂しいハズ。

逆に、自分が女手ひとつで育てる中で「こんな時パパが居てくれたらな」と感じる事もたくさんある。

できることなら「あー、離婚したい」と悩んでいる段階で踏みとどまるのが一番です。



離婚したい!あとから後悔するのは「思い出の物に囲まれて生活している時」

離婚しても同じ家に住み続ける場合、思い出の物に囲まれてると離婚を少し後悔しちゃったり。

離婚後、引っ越す人も多いけど、中にはワケあってそのまま同じ場所で生活する人もいる。ふと思い出して後悔する事はあるだろうねー。

思い出の物は、幸せだった頃の思い出もたくさん詰まっているので、1人である事を余計に感じさせるんです。

もう少し我慢できたんじゃないか? もし離婚してなかったら? と考えてもしょうがない事が頭の中でグルグル……。

離婚したい気持ちは冷静に。

 

離婚したい!を押し通して、後悔するのは「周りの偏見」

離婚したい一心で行動を起こしたものの、周りから「離婚したダメな人」という目で見られている気がするのはつらい……。
一度の離婚でその人の人間性に疑問を感じる事はないけど、確かに、バツ2、バツ3と聞くと警戒しちゃいがち。

離婚したいと思って行動を起こしても、離婚はかなりのエネルギーを費やします。

子どものことや、この先の生活を考えた上での決断なら、人として劣っているなんて考えなくて大丈夫です。

周りの偏見はスルーしたいですね!

ここまで読んで、どうでした?

「離婚したい」って思いながら、日々戦ってる人はいっぱいいる! でも、我慢できる限界も、置かれた状況も人それぞれ。

離婚したい気持ちが静まらない……、離婚の決め手にして良いのか自信がない……、そんな時は私に相談してください!

私が単刀直入に離婚するべきかジャッジします!

一番下にある「相談する」のボタンを押して今の状況、離婚したい理由、素直な気持ちを教えてくださいね^^

あなただけの専門家アドバイザーとして、私が内容を読んでアドバイスをお返しします!

筆者:久我山ゆに

2018/12/30 18:00 著者:久我山 ゆに破局イライラ女性

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

11,417 人がイイネしました♪

久我山 ゆにに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

久我山 ゆに

久我山 ゆに

恋の相談のスペシャリスト。男女問わず幅広い層からの圧倒的な支持。執筆内容から❝情熱的である一方でその正確さは稀にいない❞との対外的評価を常に受ける。インテリア・ガーデニング・漫画が好きなどと多趣味であり、仕事と趣味での活動範囲は全国に及ぶ!

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について