下野みゆき
に相談する

coicuruトップページ  >  銀のスプーン  >  好きな人にLINEするきっかけ~自然で嫌がられない方法20!

銀のスプーン

好きな人にLINEするきっかけ~自然で嫌がられない方法20!NEW!


好きな人にLINEするきっかけほしくないですか? 好きな人の存在が頭の中をぐるぐる……声を大にしては言えないけれど、脳内は四六時中好きな人のことでいっぱい! 胸いっぱい! 好きな人にLINEしたくてしたくてたまりませ~ん! 「でも、LINEできないの!」

なぜかって……?

好きな人にLINEするきっかけがないから!(泣)

そんな恋にLINEに悩める迷子ちゃん、けっこう生息しているようです。

意外でしたか? でも事実なんです。

「今何してるの?」なんて、厚かましくて言えない!

「スス……スタンプ……!?」そんな馴れ馴れしく好きな人に接せません!

「お疲れ様♪」その次の話題がないんですけど!?

さぁ~、困りました。(笑)

好きな人にLINEするきっかけ、ほしくないですか?

筆者、喉から手がでるほどほしいです!

お任せください! 今回は、「好きな人にLINEするきっかけほしい!~恋が叶うきっかけ年代別~」を筆者で専門家の下野みゆきがご紹介します。

これで、好きな人にLINEできない自分にグッバイ!



好きな人にLINEするきっかけが掴めないのはこんなタイプの子!



本題に入る前にまずは、好きな人にLINEするきっかけが、なかなかつかめないと主張するのは、どんなタイプの子が多いのでしょうか?

筆者、リサーチして参りました。

自分に当てはまるかも? と思ったら最後までしっかりこの記事を読んだほうがいいのかも……

 相手の顔色がとても気になる

 自分に自信がない

 相手の目を見て話すのが苦手

 異性にどう接していいのかよくわからない

 相手に気を遣いすぎる

特に「自分なんかが……」と過剰に自分を卑下してしまうタイプの子に多いように思えます。

この日本人独特の卑下文化! 恋愛においては非常に不利です!

好きな人にLINEするきっかけが見つかっても、卑下メンタルでは、恋愛は絶対にうまくいきません。

勇気を出して、好きな人にLINEしてみようかな!

という心の準備ができたら次の実践編に気合を入れて進みましょうね♪

好きな人にLINEするきっかけ~社会人・男女別~



さぁ! ここからは実践編です。

LINEするきっかけをつかんで、バンバン好きな人にLINE送ってしまいましょう!(気持ちはです……笑)

まずは、好きな人が社会人だった場合です。

男女別に、実際にこんなきっかけでLINEを送りましたという例をご紹介します。

好きな人が社会人/男性の場合


・きっかけ1. 「PCとか詳しいですか? どこのメーカーがいいとか分かります?」(PC買わなくても、聞くだけならタダですよね♪)

・きっかけ2.「ごはん屋さん詳しいですか? お勧めのお店教えてくれませんか?」(飲み会の幹事を任された体で!)

・きっかけ3. 「ちょっと仕事の相談してもいいですか?」(これでNOという男は好きになって大丈夫か考えてみましょう。)

・きっかけ4. 「~に住んでましたよね? ○○って店知ってます? 有名らしいですね?」(好きな人の住んでるところの近くのおいしいお店を食べログでリサーチ♪ あわよくば一緒に行きたい……)

・きっかけ5. 「上司の結婚祝いに悩んでて、男性視点の意見を教えてください!」(プレゼント選びの相談をする。)

・きっかけ6. 「〇〇してくれてありがとうございます!」(きちんとお礼・ありがとうを言える子はポイント高いです♪)

・きっかけ7. SNSの投稿内容についてLINEでコメント。(あえて、コメント欄にコメントせず、個人的にLINEするきっかけテクです。)

以上、好きな人が社会人/男性だったときの、LINEのきっかけ事例でした。

ポイントは、男性は頼られるとうれしいという点です!

社会人男性は、忙しいのでどうでもいい話でだらだらLINEをするのは好みません。

LINEきっかけの中でも「相談する」は、LINEをする理由が明確ですよね。

「〇〇さんに、相談してよかったです! また、何かあったら相談させてくださいね」オーラ全快でLINEをすると、好きな人も「お……おう!」と照れながら、顔はニヤけているはずです♪ 

トライしてみてくださいね♪



好きな人が社会人/女性の場合


お次は、好きな人が社会人/女性の場合です。

基本的には、男性のきっかけ例と同じですが、それに加えて、

・きっかけ1. 「髪型かえました? 似合ってます!」(見た目の変化に気づいてもらえるのは、案外うれしいのが女性です♪)

・きっかけ2. 「休みの日何してるんですか?」(プライベートな質問はしてもOK!)

・きっかけ3. 「いつもどんなとこで飲んでますか? おしゃれなとこで飲んでそうです!」(プライベートな質問からの褒める!)

社会人/女性にLINEするきっかけ、大事なのは、きっかけの一言目より、ずばり内容です!

女性は男性とは違い何でもない・どーでもいい・中身のないLINEは、日常的にしているので(笑)

きっかけは何でもいいとまでは、いいませんが、内容勝負です!

好きな人の見たい目・センス・趣味趣向を褒める、よりプライベートな質問をして‶あなたに″興味があることを匂わせる。

そうです。ポイントは褒めるです!

自分を否定してくる・味方になってくれないLINEをしてくる男性を女性は好きになることは絶対にありません。

覚えておきましょう♪



好きな人にLINEするきっかけ~高校生・男女別~



好きな人にLINEするきっかけ、高校生の場合どうなんでしょうか?

まずは、好きな人が高校生/男子だった場合からです。


☆好きな人が高校生/男子


・きっかけ1. 「○○くんと、同じ中学だったんでしょ?」(共通の友達を見つけ出し、話題に出す!)

・きっかけ2. 「最近、部活どう? 次の試合いつあるん?」(健気に応援する女子を演出♪)

・きっかけ3. 「テスト勉強順調? 数学得意!?」(あわよくば、放課後教えてもらいたい……)

・きっかけ4. 「〇日までに、課題提出だったかな?」(学校や塾の課題の提出日を忘れちゃったフ・リ♪)

・きっかけ5. 旬なおもしろスタンプを突然送る(話題の芸人がでるたび送りあう仲になれるかも?)

・きっかけ6. おもしろい動画を送る(我らがYouTube様様ですね。)

・きっかけ7. LINEのタイムラインや他のSNSについて、LINEで会話。(公共の場での会話と1対1での会話は違います!)

以上、好きな人が高校生/男子の場合のLINEのきっかけ事例でした!

高校生といえども、男性なのは変わりませんので、「○○くん、ここ教えてよ~」と頼りにしていることで、頼られたい願望を満たしてあげましょう。(笑)

もうひとつ! 高校生男子、もし部活をがんばっている系男子ならば、「応援してるよ!」という姿勢をLINEにも出すと、好きな人に気持ちが伝わりやすいかもしれません。

がんばってください♪



☆好きな人が高校生/女子


LINE・SNS大好き女子高校生! 社会人女性と同様、きっかけを気にしすぎるより、中身です!

きっかけ事例は、高校生男子のものに加え、

・きっかけ1. 「塾楽しい? どんなことしてるの?」(他の習い事があればそれについて聞こう!)

・きっかけ2. 「○○ちゃんって、どんな音楽聞いてるの?」(聞きっぱなしはダメですよ、音楽を聞いて感想を伝えましょう)

社会人女性同様、よりパーソナルな話題を出して、好きな人を褒めれば褒めるほど、「も~何? 褒めすぎて気持ち悪いよ~(照)」といいながら、まんざらじゃなく嬉しがってますから♪(笑)

さらに! 笑わせてくれるおもしろい男子、案外モテるので、おもしろスタンプは女子にはウケはいいかもしれませんね。

お小遣い、バイト代で、スタンプ活用してみてくださいね♪



いかがでしたか?

今回は、「好きな人にLINEするきっかけほしい!~恋が叶うきっかけ年代別~」をご紹介しました。

好きな人に突然LINEして、変な風に思われないかな……好きな人に好きなことがバレてしまうんじゃ!

なんて、LINEひとつで色んな葛藤がありますよね。

でも、好きなことバレていいと思います!

好きな人に好きなことが、バレてからが、本当の恋愛の駆け引きの始まりです!

LINEのきっかけを掴んだからといって、安心してはダメですよ!

勇気を出して、LINEのきっかけを掴んでからが、はじまりです。

LINEをきっかけに、あなたの恋もスタートさせてくださいね♪


筆者:下野 みゆき

2018/06/19 09:00 著者:下野みゆき好きな人LINEきっかけ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック!

12,764 人が応援中です♪

下野みゆきに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

下野みゆき

下野みゆき

J-SHINE(小学校英語指導者資格)
TECSOL(児童英語教授法国際資格)
TOEIC:840点
SUNNY BUNNY 認定講師

世界を見てきたから、伝えれる何かがあります。
「今の自分でいいのか?」
"これから何を選択すべきなのか?"

迷ったら、私に相談してください。


公式twitter
こども英語ひろば

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について