雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  LINEでの喧嘩はこじれやすい~口喧嘩より険悪になる理由5選!

ウォルター教授の研究レポート

LINEでの喧嘩はこじれやすい~口喧嘩より険悪になる理由5選!NEW!

LINEで喧嘩しちゃうと、あの喧嘩のイヤ~な雰囲気を長引かせてしまったり、そんなことない?
そうなんです……(泣) 喧嘩しちゃうと仲直りのきっかけも難しかったり。なんでそうなっちゃうんですかね?

LINEで彼氏と喧嘩しちゃったこと、ない? 彼氏とのLINEは楽しいもの。でも、LINEをよくする彼氏彼女ほど、会っているのと同じようにLINEでも話しますよね? ってことは、LINEでも喧嘩が起こるのも言わば必然的なのかも。

でも、LINEでの喧嘩って……仲直りのきっかけを掴むのはもちろん、喧嘩が長引いてしまったり、こじれてしまったりと普通に喧嘩するよりちょっと厄介な喧嘩にならない?

もちろん、彼氏との喧嘩もそうだけど、友達とも喧嘩になっちゃうこと、あるよね?

会って話せれば喧嘩になんてならなかったかもしれないことも、LINEで話すことで喧嘩に発展してしまったり……。

じゃあ、LINEでの喧嘩ってなんでより険悪になってしまうのか、LINEでの喧嘩が仲直りしづらいのはなぜなのか、知りたくない?

LINEで喧嘩しちゃった! LINEでの喧嘩がこじれる理由と喧嘩防止のヒント、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

LINEで喧嘩しない方がいい理由①直接言えないことも言えてしまう

確かにLINEって、言えないこと言えちゃいますもんね。
時にはそれが好反応を返してくれることもありますよね。でも……副反応もあるんです。

LINEの手軽さ、コレゆえに喧嘩がこじれてしまうことに繋がるんです。

LINEって、直接口にして言えないようなことも、LINEでなら言えちゃうってこと、あるよね? それって、確かにLINEのメリット。でも、喧嘩となるとそのメリットがデメリットにもなるんです。

言いづらいこともLINEなら簡単に書けてしまうことで、相手の怒りもヒートアップ。売り言葉に買い言葉で喧嘩が大きくなってしまうんです。

喧嘩なのに、直接言えないようなことを一方的に書きこむなんて、喧嘩のルールに反するってもの。

相手の顔が見えないことをいいことに、とことん追い込むこともできるLINEでの喧嘩は、関係を劣悪にする危険性があるんです。

本当に大切な相手なら、相手の目を見て言いたいことを言わないとですね。

LINEで喧嘩しない方がいい理由②夜という時間帯

夜ですか? 時間帯で何か影響があるんですか?
そうなんです! 知らずに喧嘩しちゃってる人、多いんです!

LINEのやり取りって、日中は仕事や学校なんかでなかなかゆっくりできないものですよね。

だから、必然的にゆっくりLINEし合うなら、夜が多くなることでしょう。

でも……! その夜の時間帯のLINEのやり取りで喧嘩になると、こじれてしまうことが多いんです!

なぜ、夜の時間帯が喧嘩の悪化を増長させてしまうかというと、人は夜という時間帯に思考が冷静になりにくいという身体的な問題があるから。

複雑にいろいろ考えることができないから、思ったことをそのままLINEで相手にぶつけてしまいやすいんです。

朝になって……「なんであんなに喧嘩になったんだろう?」ってこと、あるはず。

夜は、長々LINEし合っているよりも、しっかりと身体の疲れを取るために、睡眠を優先させましょう。

いらぬ喧嘩を防止するためにも、有効な策ですね。

LINEで喧嘩しない方がいい理由③既読無視ができてしまう

あ……しちゃうかも(笑)
ですよね? 相手からの反応が返ってこないと、こっちからアクションを起こすわけにもいかず、八方塞がりじゃない?

LINEって、スルーができちゃうのも喧嘩をこじらせてしまう大きな要因。

直接対面しての喧嘩での無視もありますが、相手が起こっていたり、泣いていたり、困っていたり、そういった様子はうかがい知ることができます。

でも、LINEで喧嘩をしてしまうと、都合が悪くなれば相手をシャットアウトできてしまうんです。

既読スルー・未読スルーされてしまうと、喧嘩の収拾がつかなくなってしまったり、仲直りと言ってもしようもありません。

直接会う予定があれば、そこで仲直りも可能かもしれませんが、予定を合わせないと会えないのであれば、喧嘩状態が長々続いてしまうんです。

 

 

喧嘩のあの気まずい感じ……ずっと続くとか、憂鬱以外の何者でもありませんよね。

LINEで喧嘩しない方がいい理由④喧嘩のやり取りを読み返せてしまう

読み返せるのも、LINEの良いところだったりするんですけどね(汗)
その良いところがネックになることも、あるんです。便利なものほど、使い方が大事ってことですよね。

普通に喧嘩しても、喧嘩のやり取りって残らないですよね。でも……LINEの文字での喧嘩は、読み返すことができちゃうのも、実は大きな問題。

一端収まったかに見えた怒りも……LINEのやり取りを読み返したことで再燃! ってこともあるんです。だから喧嘩が長引いたりこじれたりしてしまうんです。

LINEでの発言は、引っ込みがつきません。“ナシ”にすることができないんです。

喧嘩のときは感情的になってて、思うがままに相手を傷つける言葉をぶつけがちですが、LINEのときは、ちょっと待って。その言葉、相手のスマホにずっと残るってこと、思い出してくださいね。

LINEで喧嘩にならないためには…

喧嘩にならないようにできるんですか?
もちろんです。LINEの使い方はもちろん、どういうものかということをきちんと認識して使いましょうね。

喧嘩になるってことは、お互いのことを「わかって!」って気持ちが強いから。わかって欲しい相手だからなんです。

だから、日ごろからのLINEの使い方で喧嘩も防止することができるんです。

LINEって文字でのやり取り、誤解や受け取り方を勘違いしてしまうこともあるってことを、忘れてはいけないんです。

相手の顔が見えないからこそ、より思いやりを持ってやり取りしないと、喧嘩になるんです。

だから、LINEでの相手のメッセージに、「ん?」ってちょっとトゲを感じたり、勘違いしてそうだと思ったら、その都度確認してみて。

喧嘩になる前に、「電話してもいい?」って、LINEから電話に切り替えるのも得策です。

相手を感じられれば、喧嘩に発展することもなく、「そうだったのか~」って笑い話で済むことも多いんです。

LINEって便利だけど不便ってこと、覚えておいてくださいね。

LINEで喧嘩しちゃった! LINEでの喧嘩がこじれる理由と喧嘩防止のヒント、これについてお話しました。

いかがでしたか?

きっと多くの人は、LINEで喧嘩をしたこと、あるはず。

普通に喧嘩する方が何倍も楽! って思いませんでした?

だから、めんどくさい喧嘩は起こさないに越したことはありません。

でも、起こってしまった喧嘩は、早めに対処することがこじらせないコツ。

LINEでの喧嘩の仲直り、これには“誠意”が大切。フランクなメッセージのやり取りがLINEの良いところですが、コレは喧嘩の仲直り。相手の心に謝罪の気持ちが届かないとダメ。

下手にスタンプで「ごめんね」しちゃうと喧嘩がこじれますよ?(笑) ちゃんと言葉で、できれば顔を見て素直に「ごめんね」しましょうね。

この記事を今見ているってことは……

LINEで喧嘩をしてしまって、こじらせてしまっているんじゃない?

このページの一番下にある【雪野にこに相談する】のボタンから、今の状況をわたしに相談してください!

状況をお聞きした上で、解決方法をアドバイスします!

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

 

筆者:雪野にこ

2020/05/16 09:00 専門家:雪野 にこ仲直りLINE信頼感

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

13,155 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について