上月 あや
に相談する

coicuruトップページ  >  恋愛マニュアル  >  元彼を忘れられないなら試してみて…絶対にケジメがつく2つの方法!

恋愛マニュアル

元彼を忘れられないなら試してみて…絶対にケジメがつく2つの方法!

元彼を忘れられないと、苦しんでいませんか?  別れた理由や、どっちが振ったとか……元彼と別れてしまった現実がある以上、どうでもいいことです。今あなたが苦しんでいることは、元彼と別れたことより、元彼を忘れられないことだと思います。

元彼、すなわち大好きな人と別れたからといって、そう簡単には忘れられないですよね。

元彼と納得して別れを選んでいても、喧嘩して勢いで別れてしまっても、なかなか1度愛した人のことは、忘れられないものです。

元彼のことを忘れられないで、次の恋愛にも踏み出せなくなっている人もいると思います。

元彼のことを忘れられないままでは、本気で恋愛をすることは難しいでしょう。

元彼を忘れられない理由を知り、心の整理をキチンと付けることが出来れば、やがて自然と元彼を忘れられるようになるでしょう。

逆にそれが分からなければ、この先何年も今の辛い思いを引きずることになります。

今回は元彼を忘れられないでいる心の整理の付け方を、筆者の上月あやが教えていきたいと思います。

多くの人が頭では納得していても、心で気持ちの整理が出来ていないんです。

それが、いつまでも元彼のことを忘れられない原因になってしまいます。

これからお教えするのは、元彼と絶対にケジメがつく2つの方法です!

元彼を忘れられないのは、後悔しているから!

元彼を忘れられない理由は、元彼への「後悔」にあります。

「もっと~しておけばよかった」など、元彼と別れたことで過去の後悔がたくさん出てきてしまいます。

元彼との思い出を振り返りながら、自分を責めてしまっているのです。

後悔が強いほど、元彼を忘れられない状態が長引く傾向にあります。

後悔していることを思い出し、その度に悔やむのではなく1度、紙に書き出して見てください。そうすることで自分の恋愛に対する欠点が見えてスッキリしますよ。

記憶は美化されます。元彼のことが嫌いになり別れた場合でも、元彼の嫌いな部分の記憶が薄れ、良い部分だけが思い出され恋しくなってしまうものです。

元彼を早く忘れるには、思い出さないことが1番です。元彼のことを考える時間が減れば自然とその元彼への思いも薄れていきます。

その為にも元彼のことを1度紙に書き出しましょう!

関連記事

元彼と再会…ドキドキ?「やっぱ可愛い!」また好きにさせちゃう方法

元彼を忘れられないなら、復縁する!

元彼を忘れられないなら、復縁するのも一つの手です。

復縁出来るか出来ないか? ではなく、復縁する為にどれだけ元彼に努力できたかで、心の整理が付けられます。

先ほどもお話ししたように、元彼を忘れられないのは後悔していることが原因です。

要するに、元彼に対して不完全燃焼の状態です。

元彼を忘れられない、元彼とよりを戻したいと思うなら、元彼と復縁する為に精一杯の努力をしましょう。

その行動が過去の元彼への後悔で不完全燃焼だったことを完全燃焼に変えてくれます! 

やりきったなら、元彼から復縁を断られても潔く諦めがつくでしょう。そういうものです。

関連記事

元カレから連絡!ヤリモク?別れた男が連絡をする理由と対処法5つ

いかがでしょうか? 元彼を忘れられないなら試してほしい…絶対にケジメがつく2つの方法! をご紹介しました。

失恋の傷は、時間が解決してくれると言いますが、人によってかかる時間はバラバラです。

元彼と付き合った年数や後悔の仕方によっても、元彼を忘れられないで時間ばかりがどんどん過ぎてしまうこともあります。

人によっては、何十年とかかるかもしれません。元彼への後悔を何年、何十年と引きずりたくは無いものです……。

今は元彼と別れたことにより、言いようのない絶望に胸をさいなまれていることでしょう。

彼氏と別れたことで、家族も友達もいるのに、全てを失ってしまった感覚になってしまいますよね?

でも、その経験を乗り越えた先にはもっと素敵な恋愛が待っています! 

絶対に、大丈夫ですよ♪ 


筆者:上月あや

 

2017/10/03 18:00 著者:上月 あや元彼忘れられない失恋復縁後悔

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

12,875 人がイイネしました♪

上月 あやに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

上月 あや

上月 あや

上月あや:長崎県生まれ、福岡県育ち。ライター歴、4年。責任感が強いがゆえ、できることとできないことを瞬時に判断してできないことはスッパリ断る。現実主義。そんな性格から自身の執筆しているコラムの読み手や相談者に対しても、リスクの軽減を最優先として、歩調を合わせて目標を達成していくことを方針としている。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について