由莉
に相談する

coicuruトップページ  >  恋愛マニュアル  >  事実婚のメリットは?婚姻届を出さないデメリットも併せてご紹介!

恋愛マニュアル

事実婚のメリットは?婚姻届を出さないデメリットも併せてご紹介!NEW!

事実婚をする意味って何なんでしょうか…?事実婚にはメリットだらけって本当ですか?
そうだね。事実婚はメリットも多く、事実婚を選ぶカップルが世代を問わず増えてきているんだよね。事実婚のメリットとデメリットを知っておきたいよね。

そこで今回は、筆者であり専門家の由莉が、「事実婚のメリットとデメリット」について詳しくご紹介します。

事実婚を選ぶ理由って?

事実婚をするカップルが増えている理由って何なんでしょうか?
実際に事実婚を選んだカップルを対象にしたアンケートから、その理由をいくつか紹介していくね。

実際に事実婚をしたカップルは、一体どんな理由から事実婚を選ぼうと思ったのでしょうか?

・パートナーでいたいから

・気持ちで繋がっているので入籍をする必要がないから

・婚姻制度に反対だから

・社会的キャリアを守るため

・法律で縛られる関係は嫌だから

・結婚の手続きが大変だから

・相手の両親と関係が悪いから

・晩婚化や再婚によりいまさら入籍する必要がないから

などなど。

実にさまざまな理由から事実婚をしているようです。

多様化している現代、事実婚を考えるきっかけはいくつもありそうですね!

事実婚のメリット

事実婚にどんなメリットがあるのか知りたいです。
よし、それじゃあ今から、その気になる事実婚のメリットを一緒にみていきましょう!

入籍をしない事実婚のメリットをいくつかご紹介します。

夫婦別姓でいられる

今取りざたされている夫婦別姓問題。

現状では夫婦別姓がまだまだ認められておらず、とりわけ姓が変わる側は不便に感じることが多い…!

近年では職場など一部、旧姓を使ったままの女性も増えてはきましたが、それでも手続き等は変わらず大量にこなさなければなりませんよね。

手続きが必要な例とは…

・パスポート

・運転免許証

・マイナンバーカード

・クレジットカード

・健康保険

・年金

・保険の契約者や受取人

・携帯電話

・保有資格

・通販サイトの登録

例をあげただけでもいっぱい…!

姓が変わることによる手続きが膨大で、普段仕事をしている人にとってはかなりの負担になるでしょう。

今後、もっとオンライン化が進み、簡単に申請や変更手続きができるようになれば…。

とはいっても、やはりそれぞれ手続き方法や受付時間も異なることもあり、大変であることには変わらないでしょう。

実家の戸籍から外れなくてすむ

法律婚では、昔から「結婚=嫁ぐor婿入りする」というような考えがあり、実際は女性が実家の戸籍を外れることが多いですよね。

事実婚であれば、実家の戸籍から外れなくていいので、相手の家に嫁ぐという考えもなくなります。

また、どちらかが実家の戸籍から外れないということでフェアであることもメリットのひとつであるようです。

お互いに一人っ子でどちらも親に家を継いでほしいという場合も事実婚は解決策の一つになるでしょう。

離婚をしても戸籍にバツがつかない

法律婚では、当然、法的な届け出をするため、離婚の時は離婚届けを出す必要がありますよね。

そうなると、戸籍にバツが…!

一方で事実婚ではそもそも結婚に法的な手続きを踏まないので、夫婦関係を解消しても戸籍には残らず、バツはつきません。

初めから離婚をする前提で結婚を考えることはあまりないかもしれませんが、3人に1人が離婚すると言われている現代。

離婚のことまで考えると、事実婚のメリットであるかもしれませんね…!

義理の両親と姻族関係にならない

入籍をすると、相手の両親や兄弟と法律上、姻族関係になります。

しかし、事実婚であれば姻族関係にはなりません。

相手家族との折り合いが悪い距離を置きたい、などの事情があるケースでは、事実婚のメリットのひとつでしょう。

事実婚のデメリット

メリットが多いのはわかりました!事実婚を選ぶカップルが増えてくる理由も納得できました。でも、事実婚にはデメリットもあるんですよね?
そうだね。もちろん、事実婚にはいくつかデメリットがあるよ。つまり、入籍をするメリットといってもいいかも。事実婚を考えているのであれば、あらかじめよく知っておく必要があるよ!

法定相続人になれない

事実婚では、法律上の夫婦関係がないので法定相続人になることができません。

入籍をすると、配偶者は自動的にお互いの法定相続人になりますが、

事実婚では、何もしなければ、どちらかが亡くなっても遺産相続や生命保険の受け取りをすることはできないのです。

あらかじめ遺書を作成する必要があります。

遺言により相続できたとしても、後述する「相続税」がかかってしまいます。

所得税、相続税の問題

事実婚では、「税金の軽減」が適用されず、法律婚に対して税金負担が増える…!

具体的には…

●所得税において配偶者控除が受けられない

法律婚の場合は扶養に入っている配偶者がいる場合は、所得税の配偶者控除が受けることができます。

一方、事実婚の場合では、この配偶者控除を利用することができません。

●相続税において配偶者税額軽減がない

法律婚の場合は、相続税の配偶者税額軽減が提要されます。

一方、事実婚では適用されないので、財産を相続することになっても負担する税額が増えてしまいます。贈与税についても同様です。

子どもの親権は母親になる

事実婚では、妊娠・出産の際の手続きや親権問題が生じる…!

事実婚では、子どもは自動的に母親の戸籍に入ります。

何も手続きを行わなければ、父親との関係は非嫡出子となってしまうので、法的な父子関係になるには「認知」する必要があります。

ただし、認知をするだけでは親権は母親のままであり、家庭裁判所に請求して認められることではじめて親権を父親に変更することも可能になります。

ですが、どちらにしても夫婦共同親権になることはできないのです。

子供を考えているカップルは、生まれた子供のこともよく考える必要がありそうですね。

いかがでしたか?

今回は、「事実婚のメリットとデメリット」についてご紹介しました。

確かに、入籍をすることで面倒な手続きやデメリットも多く、事実婚のメリットも大きいことがわかりました。

ですが、総合的にお互いにどちらがいいのかを深く話し合う必要がありそうですね!

 

この記事を今見ているってことは……「事実婚を検討しているけど決めかねている…」って悩んでるからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、あなたの状況や悩みなど、具体的にわたしに教えてください♪

婚姻届けを出すべきか?

状況をお聞きした上で「どうすればいいか?」を専門家としてとことん寄り添ってアドバイスをお返しします!

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

2020/11/16 18:00 専門家:由莉夫婦価値観カップル

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

13,986 人がイイネしました♪

由莉に相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

由莉

由莉

統計を基にした独自の分析からの恋愛アドバイスは、相談者から【鬼に金棒!】と好評!


持ち前の共感力とコミュニケーション能力の高さが強み!でも、押し付ける事は嫌い……

 

相談者に寄り添って「これからどうしたいのか?」をゆっくり優しく聞いて、確実に恋愛を成功へと導いてくれます!

多角な視点から恋愛コラム記事を執筆活動中!

人の心の機敏や男女の心理を熟知している為、その存在の大きさは強烈!
きっと貴方にとって縁を切りたくない【ベストパートナー】になるはずです♪

 

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について