雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  【全国調査】仲がいい夫婦がやっている特徴的な7つの共通点

ウォルター教授の研究レポート

【全国調査】仲がいい夫婦がやっている特徴的な7つの共通点NEW!

「いい夫婦になりたい!」結婚生活を送る全夫婦の願い! その願いを叶えるためには……努力が必要なんです!
いい夫婦、憧れちゃいます~! でも、憧れるだけじゃいい夫婦はなれないってことですね。

いい夫婦って、憧れちゃいますよね! あなたのところの夫婦は、いい夫婦って言える? なかなか自分たち夫婦をいい夫婦だなんて言える人って、少ないはず。胸を張って「いい夫婦です!」って言えたらどんなにいいでしょうね。でもそれ、結構難しいっ!

自分たち夫婦を「いい夫婦です!」って言える夫婦は、まさに理想の夫婦。

そうなりたいって思いますよね?

自他ともに認めるいい夫婦、コレってどんな夫婦?

誰もが目標にするいい夫婦になるためには、努力すべきことがあったんです! それ、どんなことか気にならない?

いい夫婦になるために! いい夫婦と持つ特徴と、いい夫婦であるために心がけていること、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

あなたも、いい夫婦と呼ばれる夫婦に近づけるはず♪

いい夫婦と呼ばれる仲のいい夫婦って、そもそもどんな夫婦?

確かに、いい夫婦ってどういう夫婦を言うんだろう……? ちゃんとわかっていないかもです(汗)
みんなが憧れる“いい夫婦”、でもその実態って結構見えないもの。いい夫婦がどんな夫婦か、まずはそれを知りましょうね。

いい夫婦の日、なんて語呂合わせの記念日もあったりしますね。毎年お祝いする夫婦もいるでしょう。

そもそも、いい夫婦ってどんな夫婦?

あなたが思う描くいい夫婦って、どんな夫婦でしょうか? 

例えばこんな夫婦に憧れしゃいますよね。

街を歩いていたり映画を観たりしたとき、人目を気にせずに手を繋いで仲良さげに歩いている老夫婦。何ともほっこりした気持ちになりませんか?

自分たち夫婦も「こんな夫婦になりたいな…」って、羨ましく思いませんか?

いくつになっても仲のいい夫婦、でも、その長い月日の間には様々な困難を共に乗り越えてきた歴史があるんです。

そんな夫婦だからこそ、年をとっても仲のいい夫婦でいられるんですね。

いい夫婦とは、「この人と結婚して夫婦になってよかった」夫婦お互いにそう思える夫婦こそ、いい夫婦と言えるのです。

いい夫婦呼ばれる夫婦は…「ありがとう」を惜しみなく言い合える夫婦

普段の何気ないことに「ありがとう」って言えてないかもです……。反省です。
なんとなく、「わかってくれているかな」って油断しがち。でも、言葉にしなきゃいけないことって、あるんです!

いい夫婦と呼ばれる夫婦は、感謝の気持ちを忘れずにきちんと言葉にして伝え合える夫婦。

感謝し合うこと、これは夫婦にとって忘れてはいけない大事なことです。

「ありがとう」この言葉を聞いて、いい気持ちにならない人はいると思いますか? 

「ありがとう」の気持ちをきちんと言葉にして伝えること、これがいい夫婦でいるためには必要不可欠なことなんです!

どうしても照れや慣れによって、言葉にして感謝の気持ちを伝えることがなくなってしまったり、苦手意識があったりする人もいるでしょう。

でも、言わずともわかるではいい夫婦とは言えません。

あなたも言われて嬉しい「ありがとう」の言葉を、夫婦の合言葉のように日常的に飛び交う夫婦こそいい夫婦と言えるのです。

「言わなくてもいいや」では、感謝の気持ちは伝わりません。

いい夫婦と憧れられる夫婦って?毎日生活の中での日常会話を大事にする夫婦

話すこと、ない~って思っちゃいます(汗 )これじゃダメですね。いい夫婦には程遠いかもしれません。
話すことを探さないくらい、いい夫婦はたくさん話しているということでもありません。一つ一つの会話を大事にするってこと。流しちゃダメ!

いい夫婦と呼ばれる夫婦は、日常会話を大事にする夫婦。

夫婦生活が長くなると、段々会話自体が少なくなってしまう夫婦も多いのも事実です。

でも! いい夫婦はその日あったことを伝え合うなど、毎日会話をすることを苦も無く習慣化できているんです!

人は日々様々な出来事によって成長や変化をしていくものです。それを会話なくして知り得ることはできないんです。

些細なことでも話すこと、お互いのちょっとした変化にも気づき合える夫婦こそ、いい夫婦と呼べるんじゃない?

いい事ばかりではなくとも、いい事も悪いことも夫婦で共有していけるような、いい夫婦を目指しましょう。

いい夫婦はこんなことを大事にしている!同じ部屋で寝る夫婦

あ~! 周りにも結構います。寝室別な夫婦。見た目はいい夫婦に見えても……もしかするとですね。
隠れ仮面夫婦なんかも、潜んでいます(笑) 本当にいい夫婦は、寝食を共にする夫婦! これは間違いありません!

いい夫婦と呼ばれる夫婦は、寝室を別にしたりはしない夫婦。

こんなことを耳にしたことは、ない?

夫婦喧嘩をしても別の部屋でなるのではなく、同じ部屋で寝た方がいいって話。

それって、なぜかわかる?

夫婦はにとって、コミュニケーションを取るのは大事なこと。

夫婦って他人でありながら触れ合うことを当然のこととされた関係。

だからこそ、言葉のコミュニケーションだけじゃなく、触れ合うコミュニケーションもとっても大切なんです!

言葉でのコミュニケーションでは埋められないこともあります。

夫婦間の言葉では埋められない大事なコミュニケーション、それが寝食を共にすること。

同じ寝室で寝るということは、触れ合うことを当たり前にするためには必要なことなんです。

★お互いの寝息を感じられること

★手を伸ばせば触れられる距離に相手がいることの安心感

★愛し合える幸福感

いい夫婦は、こういったコミュニケーションの機会をなくさずにいられる夫婦なんですね。

いい夫婦は絶対にしないこと!“浮気”

いい夫婦って、いつまでもお互いに「ドキッ」としたり「キュン」としたりしています。だから、よそ見しないんです。
ドキドキ・キュンキュン……そういう感情、忘れていたかもです。これじゃダメですね。浮気されちゃうかも(泣)

いい夫婦は浮気をしません。浮気は相手を裏切る行為、いわば夫婦間の契約違反です。

いい夫婦でいられるためには、決して相手を裏切ることはしません。

幸せな家庭を築けるいい夫婦は、相手に誠実であることを忘れない夫婦なんです。

いい夫婦はこんなことは絶対にしない!“束縛”

LINEとか、返信ないと「何してんの⁉」って思っちゃうかもです。相手を信じる、コレって大事ですね。
夫婦に、ゆるぎない信頼関係があるっていうのも、いい夫婦の条件ですね。LINEに返信がなくても「絶対に来る!」って自信があるんです。

いい夫婦は、お互いを束縛することはありません。

愛していることを束縛と勘違いする人も多いですよね? 

自分の知らない所で、相手が何をしているのか気になって不安になる気持ちもあるでしょう。

しかし、いい夫婦はいい夫婦だからこそお互いを信頼しています。

お互いを信じあえて自由も認めあえる夫婦こそ、いい夫婦になれるのです。

いい夫婦は“喧嘩をいつまでも引きずる”ことはしない!

わ~! 喧嘩の後って、どうしても険悪ムードのままかもしれません(汗) でも、それじゃダメですね。
喧嘩しない夫婦なんていません。いい夫婦だって例外ではないんです。だからこそ、喧嘩したときの行動が大事なんです。

いい夫婦は喧嘩を引きずったりしません。

夫婦喧嘩をすることは、夫婦としては当たり前のこと。それはどんなに仲のいい夫婦であってもです。

でもいい夫婦は、その喧嘩を後々まで引きずらないんです!

お互いに気持ちをぶつけた後はきちんと謝ること、仲直りすることを心がけているからこそ、いい夫婦でいられるんですね。

いい夫婦になるために! いい夫婦と持つ特徴と、いい夫婦であるために心がけていること、これについてお話してきました。

いかがでしたか?

あなたの夫婦関係は、いい夫婦になれる関係だったでしょうか?

いい夫婦になることを、ガチガチに意識し過ぎるのも逆にお互いを窮屈にさせちゃいます。

お互いにお互いを思いやれる気持ち、これがなくてはいい夫婦とは言えません!

夫婦お互いにいい関係でいられるためには、夫婦二人の協力が必要不可欠。

努力なくして、いい夫婦になることなんてできないんです。

縁あって夫婦になった二人です。いつまでも仲のいい夫婦、周りからいい夫婦と呼ばれる夫婦を目指して幸せな夫婦生活を送りましょうね。

仲のいい夫婦になりたい!仲がいいが故の悩みなどがあれば一番下の「相談する」のボタンから内容を送ってくださいね♪

私が専門家として見て、しっかりした判断で、ご回答を送ります!

筆者:雪野にこ

2018/10/12 18:00 著者:雪野 にこ恋愛結婚生活円満

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック!

10,436 人が応援中です♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について