雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  好きと言わずに…好きな人に気持ち伝えたい…それならこのフレーズ!

ウォルター教授の研究レポート

好きと言わずに…好きな人に気持ち伝えたい…それならこのフレーズ!NEW!

好きと言わずに、好きな人に気持ち伝えたい……。例えばどんな方法が? 好きな人ができて想いが膨らむにつれて、“自分の気持ちを届けたい”“もっと距離を近づけたい”って願うもの。そんなあなたに言って欲しいフレーズがあるんです! 

これは好きと伝えずに相手にあなたの気持ちが伝わるという神業レベルです。たった一言なので筆者の雪野にこがお伝えします。真似してください。

「いつ使うのか?」 好きな人との気持ちの距離を縮めたい時、特別扱いされたい時、あともう一歩という時にこのフレーズを! 

たった一言であなたと好きな人とを引き合わせることができる、そんな磁石のようなチカラがある、そんなフレーズです! 

恋ってその想いって、好きな人に意識してもらわなければ何も始まりませんよね? 

恋をするにもキッカケって必要で不可欠なもの。「でも好きと言うのが恥ずかしい。」という人きっと多いはず。 

大丈夫です。好きな人に気持ちが伝わり上手くいく、そんなキッカケをこの2つのフレーズで作ってみましょう♪

好きな人に気持ちが伝わるフレーズ!「なぜか○○には何でも話せるんだよね」

好きな人に気持ちが伝わります。

「なぜか○○には何でも話せるんだよね」

このフレーズ、実はこれには色んな要素がぎゅっと詰まっているんです! 

目を瞑って想像してください。あなたはどうですか? こう言われたとしたら。

ちょっと“ドキッ”としませんか? きっとしちゃいますよね? それに、相手にとっての自分の存在が特別なものなのではないか? そう感じますよね?

このフレーズは、相手に『優越感』と『特別感』を与えているんです! 

そしてさらにあなたが言わずとも知れた異性ということがプラスされて、相手に“ドキドキ”が発生します! この“ドキドキ”も恋の始まりには大事な要素の1つです。

なので、言い方のポイントとしては、ここは茶化したりせずに真面目に言ってみてください。

その真面目な顔と、フレーズがまたいつもと違ったあなたを演出することで、好きな人もきっとあなたを意識し始めることになることでしょう。

好きな人にこう言って気持ちを伝えよう!「一緒にいたら、なんか安心する!」

好きな人に気持ちを伝えずとも、このフレーズを言うと相手の心は動きだします。

安心とは、すなわち信頼や信用です。

自分を信頼、信用してくれた相手に悪いことをしようと思いますか? 

それどころかより真剣に言葉を聞くようになりますし、そんな自分に「恋してるのかも?」という錯覚すら与えます。

その錯覚はあなたに触れているうちに、本当の恋に変わっていくでしょう。

「好きな人が言われたらどう思うか?」なんて好きな人の気持ちは考えずに、このフレーズは伝えておきましょう。

これらのフレーズは、日常会話で出てきてもおかしくはないフレーズです。小悪魔フレーズとでもいいましょうか。

相手をその気にさせてしまうキッカケを生む言葉なんです。

いかがでしょうか? 

たった一言のフレーズで好きな人に気持ちが伝わり、“ドキドキ”を感じさせることができれば……その瞬間から、“自分は特別な存在なのかな?”と相手は思い始めることでしょう!

わざわざ「好き」など言わずに、つまり好きな人に気持ちを伝えずとも、そこからあなたを恋愛対象として意識し、恋愛対象外から恋愛対象に。気になる存在になるのです。

これは、自分の身に置き換えて考えてみてください。

きっとこのフレーズで自分が言われると意識しちゃうはずです。好きな人に気持ちは伝わります。

そう言われると相手も“他の子とは違う”そんな相手としてあなたを見始めることになるんです。

何度も言いますが、好きな人の気持ちなんて考えずにさらっと言えるフレーズを2つご用意しています。

たった一言のフレーズで恋の歯車が回りだすキッカケになりますよね? 

好きな人の気持ち、お伝えした2つのフレーズで掴んでみちゃってください♪

 

筆者:雪野にこ

2015/11/02 15:00 専門家:雪野 にこ恋愛特別感距離

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

12,855 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について