上月 あや
に相談する

coicuruトップページ  >  ひいらぎ先生の診療所  >  たった3秒!相手の別れたい気持ちを一瞬で引き留める方法!

ひいらぎ先生の診療所

たった3秒!相手の別れたい気持ちを一瞬で引き留める方法!NEW!

相手が「別れたい」って言ってきても、あなたは「別れたくない」さて、どうするのが正解か、わかる?
えっ⁉ 「別れたくない!」って言ったらダメなんですか? 正解は何ですか? 教えてください!

相手の気持ちがわからなくなった時に、別れの危機はやってきます。なんとなく、別れそうな予感を感じる人もいるんじゃないでしょうか?  恋に、始まりがあれば冷める日は必ず訪れます。だからこそ人は恋愛を何度も繰り返すのです。

ただ、恋の気持ちが一方だけ冷めてしまったら、傷付くダメージが大きいのは気持ちが冷めていない方です。

恋人から振られた時の心のダメージは計り知れません。

そんなに簡単に好きな人をに忘れることはできません。

もし、別れの予感を感じていて別れたくないと思っているなら覚えて置いて下さい! 

今回は相手の気持ちを「別れたい」から「追いかける」気持ちに変える方法を、筆者の上月あやが教えていきたいと思います。

きっと相手の気持ちを取り戻すことが出来ます! 

「別れたい」と言われたら、何も聞かず相手の気持ちを受け入れる

別れを受け入れちゃったら、もうお別れなんじゃないんですか?
実は、そうとも限らないんです。むしろ、「別れたくない」とすがる方が、もう後がないんです。

「別れたい」と相手の気持ちを聞いたら、理由を知りたくても、何も聞かずにあっさりと身を引いて下さい。

好きな人と別れてしまう……これを一瞬でも受け入れてしまうのは、不安でとても勇気のいることです。

でもその行為が、かえって相手を「追いかける」気持ちに変えるのです。

別れを告げてしまう側としては、気持ち的に、半分以上はその時の感情で動いています。一度は好きになった人には、多少なりと気持ちは残っています。

だから、数日後別れた相手に連絡をして、「まだ好きなんだ」と気持ちを伝えて下さい。ここでは、気持ちを伝えるだけにして下さい。くれぐれも復縁を迫らないで下さいね。

振られた時に、その場でしつこくすがるから相手の気持ちは離れていくのです。

別れを告げた時に、何も聞かれずあっさり身を引かれると、逆に「え?もうこれで終わり?」と寂しい気持ちになります。

そこで、「やっぱりまだ好きなのかも︎?」と相手の判断を錯覚させることが出来ます。

こうやって、もう終わりにしたいという気持ちが、不思議なくらい後悔の気持ちへと変わるのです。

そこで、あなたからの数日後の連絡が嬉しくなり、復縁したい!  という気持ちになるでしょう。

相手の気持ちを先に読むことが出来れば、それに対する対策や気持ちの準備が出来ます。

それによって相手の気持ちまで操ることが出来るのです。

改めて自分の気持ちに気付くことが出来れば、その気持ちも冷めにくくなります。残念ながら……この方法で100%成功する訳ではありません。

それでも別れることになってしまったのなら、そのことを受け入れて次の恋愛に生かして下さい。

あなたが恋愛で感じた喜びや悲しみ、痛みは次の恋愛を良くする為のステップです。

乗り越えてこそ、また素敵な恋愛が待っていますよ!

別れたい」って思われるより、「追いかけたい」って思われる女に、なりたいよね!

この記事を今見ているってことは……「相手に別れたいって言われた…」「相手の気持ちがわからない…」って、別れの危機を感じているから、そうじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、交際期間や相手との関係性、相手に対する気持ちや「別れたい」と言われた理由、困っていることや悩みに思っていることなど、具体的にわたしに教えてください♪

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!


筆者:上月あや

2019/05/28 12:00 著者:上月 あや片思い好きな人女性

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

11,189 人がイイネしました♪

上月 あやに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

上月 あや

上月 あや

上月あや:長崎県生まれ、福岡県育ち。ライター歴、4年。責任感が強いがゆえ、できることとできないことを瞬時に判断してできないことはスッパリ断る。現実主義。そんな性格から自身の執筆しているコラムの読み手や相談者に対しても、リスクの軽減を最優先として、歩調を合わせて目標を達成していくことを方針としている。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について