雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  結婚式をしないナシ婚を決めた理由!体験者に聞いた利点と後悔5選!

ウォルター教授の研究レポート

結婚式をしないナシ婚を決めた理由!体験者に聞いた利点と後悔5選!NEW!

 

結婚式をする・しないは、個人の自由。でも、後悔しない選択をしないと、一生後悔することに!
結婚式をする・しないで、一生後悔するなんてイヤです! みんなどうやって決めているんだろう……?

結婚式する派? それとも結婚式なんてしない派? 最近、結婚式をしないカップルって増えているとか。もちろん結婚式をするカップルも普通にいます。でもなぜ? 結婚式をしないカップルが増えているワケ、知ってる?

結婚することになって、“結婚式をするか結婚式をしないか”、これはそれぞれのカップル次第。

なのに、「結婚式はした方がいい」とか「結婚式をしないでもいい」なんて正反対な意見が飛び交うのはどうして? 気になりません?

それは! 結婚式をするにしても、結婚式をしないにしても、どちらにしてもメリットもデメリットもあるからなんです!

じゃあ、“結婚式をしない”と決めたカップルは、なぜ結婚式をしないと決めたの? 知りたいですよね?

“結婚式をしない”と決めたカップルの結婚式をしない理由と、結婚式をしないことが結婚生活に及ぼす影響、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

 

結婚式をしないカップルっ多い?少ない?結婚式をしないカップルは実際どのくらい?

結婚式って、した方がいいのかな~? それともしないでいいもの? みんなはどうしてるの?
結婚式をする・しないって、確かに個人の問題。でも、世間的にはどうなのかを知っておくのも、結婚式をする・しないを決めるときの参考になるよね!

結婚を決めたカップルの中で、“結婚式をするカップル”と“結婚式をしないカップル”、それってどのくらいの比率でどちらが多いのでしょうか?

実際結婚したカップルのうち、約半数のカップルが結婚式をしないいわゆる“ナシ婚”を選択しているんです。

増えていると耳にしたことがあるとはいえ、ここまで多いとは思いませんでしたよね⁉

未婚の人に「結婚式をしたい」と思っているかどうか、これを聞いてみると……?

男女ともに約8割の人は「したい」「できればしたい」と思っているのだそう。

「したい」派が多い……のになんで? って思いますよね?

したい派が多いのに、実際に結婚式をするカップルと結婚式をしないカップルの割合は半々なんです!

じゃあなぜ? 結婚式をしないカップルが増えているのでしょうか? その理由に迫りましょう。

 

結婚式をしないと決めた理由『結婚式にそこまでの価値を感じない』

結婚式をしないって決めた人の、“しない”って決めた理由も知っておきたいかも! なんで結婚式をしないの?
結婚式ってするものっていう概念は、近年崩れあるよね。でも、結婚式はした方がいいって意見が未だ多いのも事実。そんな中、“しない”って決めた人の考えって、興味深いよね。

 「結婚式をしない」と決めた理由は、結婚式にそこまでの価値を感じないから。

結婚式のたった1日のために、多額の費用や準備期間に多くの時間を費やすことに価値を見出せない! という理由。

結婚式で

“誰を呼ぶか?”

“ドレスは?”

“料理は?”

“引き出物は?”

考えるだけでも……かなりの労力! プチパニック!

「準備に時間が取られる」、「ゲストに対して気を遣って疲れてしまう」など、多くのデメリットを感じて結婚式をしないことを決めているんです。

結婚式そのものは、一見とても“華やか”で“幸せ”なもの。

でも! 結婚式をする新郎新婦は準備でたくさんの悩みを抱えてしまったり、一番の大喧嘩を結婚式の準備期間に経験したりしちゃうのも現実!

結婚式にさほど魅力を感じていなかったり、「結婚式はしないでもいいかな」って思っている二人だとしたら……かなりの苦痛!

幸せなはずの結婚式が二人をどんより……。それは避けたいですもんね(汗)

 

結婚式をしないのは!『結婚式で人前で目立ちたくないから』

わたし、すごく緊張しいなの~(泣) 結婚式なんて大勢の前に出なきゃだし、わたしにはムリかも~!
うんうん、その気持ちもよ~くわかるかも(笑) 同じようにカップル揃ってシャイな2人もいるから、その場合の意見も参考にしてみて。

 結婚式をしないカップルは、シャイなカップル

そもそも“人前で目立つことを好まない”ということが、その大きな理由。

結婚式と言えば自分たちが『主役』ですよね? 誰も変わってくれないんです~(汗)

ドレスやタキシードを着て、人前で写真を撮られたりすることが、イヤなんです。

そういうカップルは、その写真をSNSで自分の知らない所でUPされてしまったりすることにも不安を感じていたりも……。

お互いに「結婚式をしたい」という気持ちが固まっていない二人では、結婚式をするメリットよりデメリットが大きいと感じちゃう!

だから、「結婚式をしない」という結論にたどり着くようですね。

「結婚式をしたい」という強い決意と熱意! 結婚式をするには、コレが必要みたいです!

 

結婚式をしないことで時間を有効に!『ゆっくり新婚生活を始めたい』

 結婚式の準備って、大変って聞きますもんね。
そうそう(笑) それで大ゲンカなんてよくある話です。

結婚式をするとなると、結婚式をするための費用はもちろん、結婚式の準備に膨大な時間が必要です。

せっかく始まった新婚生活も、結婚式の準備で慌ただしいものに……。

それだけじゃなく、結婚式をするにあたっての決め事ややらなければいけないことがいっぱいで、お互いに気持ちに余裕が無くなったり。

せっかくの新婚生活、ギスギスして過ごしたくないというのも、結婚式をしないと決めたカップルの本音。

つまり、結婚式をしないことで、二人きりの時間をゆっくり、ゆったりした気持ちで過ごすことを選ぶ、そんな選択をするのも悪くない選択ですよね。

 

結婚式をしないと決めたことで、その後の結婚生活で後悔することってあるの?

わたしも結婚式、しなくていいかな~って思ってきた。メリットよりデメリットが大きいなら、しなくてもいいよね?
結婚式をする・しないを決めるのは、本人たち次第。でも、結婚式をしないことでのデメリットもあるってこと、忘れちゃダメですよ?

 

「結婚式をしない」と決めたカップルは、その後結婚式をしなかったことを後悔するのでしょうか?

実は、「結婚式をしない」と決めたカップルの約7割の人は、後悔を感じているそう!

これが「結婚式をしない」と決めたことでの一番のデメリット!

結婚式をしないことを選択して、結婚式をしなかったことで後悔する理由としては……

「きちんと両親に感謝の気持ちを伝えられなかった」

「両親に花嫁姿を見せてあげたかった」

ということが多いようです。機会がなければできないことって、ありますもんね(汗)

やはり、結婚式という時にしか伝えられない“思い”というものもあります。

結婚式は“2人だけのものではない”というのもこういうこと。

でも、結婚式という一生に一度の機会でしか、結婚式のあの雰囲気でしか伝わらない“思い”もあるんです!

安易に「結婚式をしない」と決めないこと、しっかり親とも話し合って決めることも大事なことなのかもしれませんね。

 

 

 

“結婚式をしない”と決めたカップルの結婚式をしない理由と、結婚式をしないことが結婚生活に及ぼす影響、これについてお話してきました。

いかがでしたか?

結婚式をする・しない、あなたはどう考えていましたか?

確かに、結婚式をする・しないは結婚する二人の問題です。

でも! その後のこと考えた上で、しっかりと結婚式をするかしないか、話し合って決めた方が絶対にいい!

「結婚式をしない」と選択したからといって、幸せになれない訳ではありません。

でもそういった人は、「結婚式をしない」と決めた時、決めた後もしっかりと自分たちと家族と含めて話し合っていい関係を築いていくことができている夫婦だからなんです!

一生に一度の結婚式です。結婚式をしないで後悔することよりも準備期間もケンカしながらも仲を深めていけるといいですね♪

さあ、あなたは結婚式しないでいいですか?

 

結婚式をする派? それともしない派? 二人の気持ちだけ、それだけで決めちゃってない? 後悔しないために、しっかりとする・しないを考えましょう!

この記事を今見ているってことは……

「結婚式しようかな…」「結婚式なんてしないでいいんじゃない?」って、結婚式をする・しないで悩んでいるからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、結婚相手との関係、お互いの結婚式に対する思い、結婚式をしたいと思っているかどうか、今、困っていることや悩みに思っていることをわたしに話して、結婚式をする・しないを後悔しない方法で決めませんか?

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

 

筆者:雪野にこ

2019/10/03 18:00 専門家:雪野 にこ結婚相手価値観カップル

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

14,335 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について