雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  結婚が不安?結婚後やマリッジブルーに不安を感じるワケと解消法6つ

ウォルター教授の研究レポート

結婚が不安?結婚後やマリッジブルーに不安を感じるワケと解消法6つNEW!

結婚って、幸せになるためにするもの。でも、人生の大きな決断です。不安に感じることも多かったり! その不安、ちゃんと解消できてる?
結婚って、やっぱりあこがれが強いものですよね。でも、だからこそ、思い描く結婚生活が送れるかどうかって、不安に思っちゃいます……。

結婚に不安感じちゃうこと、あるよね? 結婚と聞いて、真っ先にイメージするのは『幸せ』。でも、結婚って幸せだけだと……思う? 結婚する前って、結婚に対する不安を抱く人の方が実は、多いんです。

結婚前に結婚への不安が大きくなってしまうこと、コレはポピュラーな言葉でも知られていますよね? 

そう、『マリッジブルー』です。

結婚への不安が大きくなって、『マリッジブル―』にまでなってしまうと……

結婚はおろか! 結婚しようとまで思った大好きな人と、別れを選ぶ人も!

結婚への不安、これは結婚前のカップルにとっては避けては通れない問題。でもでも、この不安を乗り越えなけれな幸せな結婚はできないんです。

結婚するのが不安……。結婚前の女性が感じる不安のワケと、結婚への不安との向き合い方、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

結婚前の不安な気持ちが原因⁉マリッジブルーって?

結婚に対する不安、誰にでもあるって本当ですか?
そうなんです。結婚に不安を全く感じない人なんて、いないんです。

結婚前に不安を感じるのは、誰にでもあること。あなただけが不安なんじゃないんです。

結婚への不安が大きくなってしまうと……『マリッジブルー』になっちゃうことも!

『マリッジブルー』とは、結婚を前にして精神的に落ち込んだり不安を感じたりしている状態のこと。

彼からのプロポーズを受けて、結婚が決まった時には幸せな気持ちでいっぱいだったはず……。

なのに! 徐々に、結婚が現実めいてくると……

“結婚生活への不安”や、結婚相手である“彼に対する不安や不満”を大きく感じるように!(泣)

結婚への不安を感じるのは、女性ばかりではありませんよ? もちろん男性も不安。

結婚への不安が深刻な状態になってしまうと、“うつ”になってしまったり……。

結婚への幸せな気持ちよりも、結婚への不安が大きくて結婚を取りやめてしまう……なんてケースもあるんです。

『マリッジブルー』、軽視してはいけません!

 

結婚相手の男性の親や家族と上手くやれるかが不安

確かに、いきなり家族にって難しいですよね……。
結婚相手の家族に受け入れてもらえるかどうかって、不安ですよね。

結婚への不安として大きいもの、それは「結婚相手の家族と自分が上手く付き合っていけるだろうか…」という不安。

結婚して、本格的に結婚相手の家族とのお付き合いがスタートします。

★「新しい家族に受け入れてもらえるのか」という不安

★「良い関係を築いていけるのだろうか」という不安

結婚相手の家族に対するいろんな不安が出てきますね。

元々の家族関係ではない自分が、結婚したからと言って最初から全て順調なんてことは、まずあり得ません。少しずつ関係性を築いていくしかないんです。

これからのことに対する不安、わからないことへの不安は計り知れません。でも、不安に思って避けて通れるものでもありませんよね?

上手くできるか不安がるよりも、“受け入れてもらえるように努力しよう”と不安な気持ちを転換させてみましょう。

 

経済的に結婚生活をやっていけるかが不安

現実問題、お金に不安がある結婚生活って、シンドイですよね。
だから、現実的に解消できる問題は解消しておかないと、毎日不安ばかりの結婚生活に……。

結婚への不安の中で、“結婚生活に直結する不安”というと、この経済的な問題への不安がと~っても大きい!

「経済的に幸せな結婚生活を送ることができるのだろうか?」 

お金が絡んだ不安というのは、かなり深刻な不安!

結婚相手が職を転々としたり、定職に就かないというのは結婚以前の問題! 結婚を不安に思う前に、結婚そのものを考え直した方が自分のため。

もし、どうしても「結婚をしたい」のであれば、経済的に安定した時まで結婚は待つという選択肢を選んだ方が賢明かも。

結婚という響きに浮かれる前に、冷静さを忘れちゃダメ!

結婚生活を迎えるにあたって、経済的な不安があるという場合は、結婚生活を始める上での資金や生活費など具体的に算出してみる! というのもいいでしょう。

実際に数字を出して目で見てみると、結婚生活を送るにあたって「そんなに不安にならなくてもいいのかも⁉」ってこともあるはず。

不安が先走ってしまうのもよくないです! 現実的に解決できる不安は、早めに解決しましょうね

結婚後も彼にずっと愛される女でいられるのかが不安

人の気持ちって、変わるから不安です……。
結婚する前から、そこに不安を感じていて大丈夫ですか? 自分の気持ちと相手の気持ち、冷静に見つめてみましょう。

結婚への不安で、女性が多く抱える漠然とした不安の正体!

それは……「この先ずっと彼に愛される自信がなくて不安」って思っちゃうこと

 

恋人同士のお付き合いなら、「別れればいいや!」って割り切って考えれるのに……結婚は簡単にそうはいかない! だから不安になっちゃうんですね。

でも、不安から彼の気持ちを信じることができなくなってしまっては……本末転倒!

あなたが結婚相手に選んだ人は、そんなに不安に思うほどに信用できない人?

結婚前に、彼の気持ちに不安を感じたら、まずは自分の気持ちともう一度向き合ってみるべき!

不安になる前に、あなた自身が愛されるための努力をし続けること、その方がきっと結婚後も愛される女でいられるはずです。

結婚後、自分の仕事をどうすべきか不安

女性としては、不安に思って悩んじゃいます。
男性も違った意味で不安を感じています。その不安は、早めに対処しておかないとです!

結婚するなら、“寿退社を!”と思っている女性も多いはず。

逆に、結婚することで「自分のキャリアに響くのでは…」と不安に感じている人もいるのでは?

自分が専業主婦になることで、余裕のない結婚生活になるのも不安ですし、結婚することで“出産”や“育児”が現実的になって不安に感じるように。

男性にしても、「自分の力で家族を幸せにできるのか…」という結婚に対するプレッシャーを感じて不安に。

女性の社会進出も当たり前になっている今の時代、結婚後の仕事についてはしっかりと結婚前に相手と話し合うことが重要です。

実際に専業主婦をしている人や、結婚後も仕事を続けている人など、結婚の先輩の話を聞いて参考にするというのも不安解消法の一つかもしれません。

結婚式について意見が合わないのが不安

コレ、意見が違うと結構不安ですよね。一生に一度のこと、後悔したくないです。
そうですね。結婚式は、二人だけの問題ではありません。家族を含めて納得がいく話し合いをしなければいけませんね。

結婚と言えば、結婚式! 結婚式に憧れている女性も多いはず。

今は、“ナシ婚”と言って、結婚式をしないカップルも増えているのも事実。

でも、両親世代にそれを理解してもらうのは、結構大変な労力ですよね……。

「結婚式をしたい」という思いだけで結婚式を挙げられるわけではありません。

だからこそ、金銭面やこの先の結婚生活を考えた上で、自分たちにとっての結婚式についてしっかりと話し合っておくことが大事。

ただただ自分の理想とする結婚式を叶えたい、その思いだけで結婚式をしたいと思っているなら……今の不安以上にもっと不安が山積みになっていく危険性大です。

結婚するのが不安……。結婚前の女性が感じる不安のワケと、結婚への不安との向き合い方、これについてお話しました。

いかがでしたか?

結婚前に、不安を抱えているのはあなただけじゃないんです!

これからの結婚生活は、相手の男性にとっても未知のこと。お互いに不安はあるものです。

だから、不安と上手く折り合いをつけて不安と向き合っていくことが大事なんです。

結婚は、不安なことばかりではありません。

結婚への不安を感じた時、マリッジブルーになる前に、結婚へのいいイメージ、これを二人で具体的に描いていけるといいですね。

結婚への不安を乗り越えた先には……幸せな結婚生活が待ってますよ!

結婚への不安は、誰でも感じているもの。でも、その不安に押しつぶされてしまっては……幸せな結婚はないんです!

この記事を今見ているってことは……「結婚するのが不安…」「結婚して幸せになれるのかな…」って、結婚に対して不安を感じてマリッジブルーになっているからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、あなたと結婚相手の性格、結婚に対する憧れや実際感じている具体的な不安、今の悩みに思っていることなど、具体的にわたしに教えてください♪

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

 

筆者:雪野にこ

2019/06/25 12:00 専門家:雪野 にこ結婚相手価値観カップル

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

10,628 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について