雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  既婚者に聞いた「今の結婚相手との出会い」のきっかけベスト5!

ウォルター教授の研究レポート

既婚者に聞いた「今の結婚相手との出会い」のきっかけベスト5!NEW!

 

結婚している人が、どこで結婚相手と出会っているのか? そこを知ることって、結婚相手との出会いを見つける大きなヒントだって、知ってた?
すでに結婚できている人の出会いの場ってことですか? ヒント、知りたいです!

「結婚したいけど、出会いがないっ!」って嘆いていたり、しない? 確かに、いくら結婚したくても……結婚相手に出会うことができなければ、結婚なんてできっこありません。悲しいけどコレが結婚の現実。

でも、結婚する相手との出会いって、どこに?

まだ、結婚が現実的じゃない人にとっては、結婚相手との出会いなんて……皆目見当もつかない超難問!

おっ⁉ ちょっとまって……? じゃあ、すでに結婚してる人の出会いのきっかけ、ココにヒントがあるのでは⁉

結婚できた人、言わば成功者に結婚相手との出会いのきっかけと、結婚相手と出会うために必要なことを学んじゃおう!

結婚相手との出会いはどこに⁉ 結婚相手に出会うきっかけと、結婚に繋がる出会いを引き寄せる秘訣、これについて筆者の雪野にこがお話したいと思います。

5位出会いと言えばコレ!結婚相手に出会えるかも⁉『合コン』

結婚相手との出会いって、どこにあるの~(汗) 焦る~(泣)
「結婚相手と出会いたい!」確かにそう思うことって、大事。でも、ドラマみたいな運命的な出会いから結婚してる人なんて……ほぼいないの! だから、普段ある出会いの機会も軽く見ちゃダメなの。

出会いと言えば、コレですよね。合コンです。

ただ、結婚に繋がる出会いかどうかというと、実は少数派。

でも、出会いを求める男女が集う場所としては一番メジャーかも。

なんで合コンが結婚に至る出会いの上位に来ないかって、わかる?

それは、合コンで“結婚”を意識して真剣な出会いを求めている人が……少ないからっ! 

「イイ人がいたらラッキー」

「その場が楽しければいいんじゃない?」

「友達が増えたらそれでいい」

こんな感じでの参加スタイルが多いんです。

最初から合コンに「今日は結婚相手を探しに来ました!」なんて人……重いですよね(汗)

でも、中にはココから意気投合! 結婚に! って人もいるのも事実。結婚相手との出会いとして軽視するにはもったいない出会いのきっかけですね。



4位今はこの出会いから結婚もめずらしくない!『SNSや婚活アプリ』

ネットで婚活って、してる? もしかして……結婚相手との出会いを「ネットで?」なんて思ってない?
ん~(汗) ネットかぁ~。全く知らない相手だし、結婚相手となるとどうなんだろう……?

ちょっと前なら、「ネットの出会いで結婚⁉」な~んて、信じられなかったり否定的な意見が多かったりしたものですが……。

今や、立派な出会いのカタチとして広く認知されてきているのが、SNSでの出会いや婚活アプリでの出会い。

結婚している人の約10%がネットでの出会いから結婚しているそうなんです!

ね? まだネットでの出会いからの結婚に抵抗感のあった人も、ココから結婚している人の多さに、ちょっと考え方変わらない?

ネットでの出会いに警戒心を持つのと、偏見を持つのは別問題!

何事も使う人次第ってこと。どんな出会いのきっかけでも、「結婚したい」と思える人に出会えるって素晴らしいこと。

ネットでの出会いだからって、意固地に否定するのではなく、前向きに捉えてみると……結婚への道が拓けるかも⁉

3位この出会いからの結婚って…憧れ!『学生時代からの知り合い』

結婚相手との出会いって、やっぱり新しい出会いを求めないと見つからないのかな~(汗)
おっと、おっと! 結婚に繋がる出会いって、何も新たに出会いの場を求めて探すだけじゃないの。自分の今までの出会い、忘れてない?

初恋からの結婚、なんて結婚もイイですよね~

同級生や、先輩・後輩といった、学生時代からの知り合いと結婚ってケースも実は結構あるんです!

学校が同じとか、学生時代を一緒に過ごしてきたことって、大きい!

話題もたくさんあって、一緒にいて楽しいだけじゃなく、それだけ長い時間付き合っているのだから……信頼度も高い! コレって結婚するには必要不可欠な要素!

自分らしく自然体でいられることも、結婚には向いている出会いってことですな♪

学生時代かっらずっと付き合っている相手ではなくても、同窓会なんかでばったり再会、コレもアリ!

出会いから学生時代に一気にタイムスリップ! 学生時代のようなドキドキ・キュンキュンした気持ちにだってなれちゃいます。

自分や友達のFacebookなんかからも……もしかすると将来の結婚相手からの連絡、あるかも⁉

2位結婚相手との出会いには、キューピットがいる⁉『友達の紹介』

「出会いが欲しい」って言っていながら、自分でもなかなか動けず、誰にも協力もしてもらおうともしない、それじゃ結婚どころか出会いだって見つからないよ?
ん~(泣) そうなんだよね……でも、一体どうしたらいいのかわかんなくて。助けて~!

友達、大事にしてる?

実は、友達が結婚相手との出会いを運んでくれるキューピットになってくれることも多いんです!

友達の紹介での出会いって、最初から真剣交際を考えての出会いが多い! そこが結婚につながる大きな理由。

それに、友達が交際まで、交際してからも何かと相談に乗ってくれたり、時にはアシストしてくれたりと、協力してくれることがまた付き合いが長続きする秘訣にも♪

友達なんです、まったく好みじゃない人を紹介したり、相性が悪そうな人にわざわざ会わそうとなんて、しないでしょ?

結婚したいけど、なかなか自然な形での出会いがない場合は、友達を頼ってみるのもアリアリ!

結婚してからもきっと家族ぐるみで仲良く付き合っていけるはず♪ 遠慮してちゃ損かも⁉

1位結婚に繋がる出会いの場所はココが一番!『職場での出会い』

そっか~、結婚相手との出会いって、実は色んなところにあるんだね~。あんまり焦って「結婚結婚」って思っちゃうといい出会いにも気づけなかったのかも~。
そうなのそうなの。結婚相手との出会いって、あまりに意識しすぎるのもよくないの。でね? もうひとつ忘れちゃいけない出会いスポットがあるの、どこかわかる?

結婚相手との出会いで一番多いのが、コレ! 職場での出会いなんです!

結婚している人の約25%もの人が、職場での出会いから結婚していたんですっ!

★職場なら、会う約束をしなくても必然的に会うことができる

★仕事への取り組み方を見ることで、その人の性格や人間性も見極めることができる

★同僚や上司や先輩、後輩への態度など、人との関わり方だって知ることができる

自分だけに見せるいい顔だけじゃなくて、人としてどういう人間か、結婚相手としてどうなのかを恋愛関係になる前にしっかりと見極めることができる!

これって、結婚相手を選ぶには大事なこと。

もしかして、あなたにとっての結婚相手という運命の出会いが……職場に潜んでいるかも⁉ 周りをよ~く見てみて!

結婚相手との出会いはどこに⁉ 結婚相手に出会うきっかけと、結婚に繋がる出会いを引き寄せる秘訣、これについてお話しました。

いかがでしたか?

結婚相手との出会い、実際に結婚している人はこんな出会いのきっかけで結婚していたんです!

どんな出会いでも、確かに出会いは出会い。

でも! 結婚に繋がる出会いとそうじゃない出会いがあるんです!

結婚したいなら! 結婚に繋がる出会いのきっかけ、コレを逃す手はないっ!

ただただ結婚に憧れて「結婚したい」と言っているだけでは結婚はできません。

★結婚生活への現実的なイメージをしっかり持つこと

★自分磨きをしっかりしておくこと

★結婚に向けて家事のスキルアップをしておくこと

★積極的に出会いの場に出向くこと

★コミュニケーションを鍛えておくこと

本当に「結婚したい」と思うなら、「この人を結婚相手に!」と思える相手との出会いを逃さないために、行動できる人になっておく必要があるんです!

何もしなければ、結婚なんてできっこありません。

あなたにとっての運命の結婚相手との出会いは……見向きもしていなかったところにあるのかもですよ。

結婚って、相手がいないとできません。基本中の基本ですよね……焦っていませんか?

この記事を今見ているってことは、結婚相手と出会いたいって、心の底から思っていたから……そうじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから今の状況や、やっている普段の出会いの探し方、出会いたい結婚相手の理想像などを気軽に教えてください。

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとしてお返事をお送りします。

 

筆者:雪野にこ

2018/12/04 18:00 専門家:雪野 にこ婚活結婚相手恋愛運

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

10,455 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について