雪野 にこ
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  LINEが既読スルー?男が1時間以上も返事をしないときの理由4つ

ウォルター教授の研究レポート

LINEが既読スルー?男が1時間以上も返事をしないときの理由4つNEW!

男性に既読スルーされた経験、ありますか? それが好きな男性ともなれば、泣きたくなることも。でも、その理由ってちゃんとわかってますか?
既読スルーされたこと、あります……。どうして男性はLINEを既読スルーするんですか? 教えてください!

LINEの既読スルーってされたことある? LINEが日常の中で当たり前になりつつある今、既読なのにスルーされる、いわばこの既読スルーって何とも言えない悲しい気持ちになりますよね? 「私ってなに?」既読スルーは心に冷たい風が吹きます。メールしかなかったころにはこんな気持ちになること、なかったのに……、ね?

既読スルーは、悲しいとまではいかなくても、既読スルーされていい気持ちはしないですよね?

特に! 好きな人とのLINEで既読スルーされたり、彼氏にLINEで既読スルーされると……。

「既読スルーって……なんで⁉」って涙目になっちゃいますよね(泣)

なぜLINEを既読スルーのまま返してくれないのか、悶々と考えてしまったり……。

LINEを既読スルーされると、いろいろ悩んじゃって暗い気持ちになっちゃったことってありますよね?

「もうっ! 男ってなんでLINEを既読スルーするのっ⁉」

男性がLINEを既読スルーする心理、コレが分かればもうLINEの既読スルーを悪い方向にばかり考える必要もなくなります!

LINEで既読スルーの理由、どう? 知りたくない?

何でLINEで既読スルーするの? 既読スルーする男性心理とその理由について筆者の雪野にこがお話したいと思います。

LINEで既読スルーされてもコレを読めば、既読スルーに悩まされることも少なくなりますョ!

LINEを既読スルーする男の心理って?“忙しくて”

「忙しい」かぁ……。でも、ちょっとの空いた時間に返信してくれてもいいと思っちゃいます。
それが女性の悪いクセ! 仕事中は、それ以外のことを考えれない、考えたくないって男性が多いんです。

男性がLINEを既読スルーする大きな理由、何か知ってる?

それは「忙しい」から

コレが! LINEを既読スルーする一番の理由かもです!

男性って、女性ほど既読スルーを気にしません

チッ! って舌打ちしたくなりますよね!(笑)

だーかーらっ! すぐにLINEを返すことができなくても、平気で既読をつけるんです。

既読だけする男性って、こう。

とりあえず急ぎの用事ではないかを確認するためにLINEを既読にしておいて、LINEを返すのは「後でいいや」このパターン!

女性は、彼氏や好きな人からLINEがくると仕事の合間に何とかLINEを返そうとしない? 違う?

でも! 男性は集中したいことがあると、たとえ好きな人や彼女からのLINEでも後回しにしちゃうんですよね~。

ココが男女の大きな違いっ!

でも、愛される女になるためには、仕事は仕事と割り切って考える男性心理もしっかりわかってあげないとですね。

悪気があって、既読スルーしてるワケじゃないの……わかったげて?

LINEの既読スルーが1週間⁉残念!それはあなたに興味がないから!

そっか……。その既読スルーが、男性からの意思表示ってことなんですね?
そういうこと。既読スルーしてそのまま放置、さすがに興味のある女性に対してはそんなことしません。

男性って、正直です。興味のない女性にマメにLINEしたりしません。

だから、既読スルーが一週間にもなると……それは“あなたに興味がありません”のサイン!

この既読スルーのパターンは、遠回しに“脈なし”であることを示しています。

悲しいけど……あえての既読スルーです!

えっ⁉ ウソ、忘れてるだけじゃなくて? って信じたくない気持ち、わかります(泣)

でも! LINEを交換してから何度も既読スルーされたり、既読スルーされて返信が一週間もないとか、LINEが帰ってきても反応が悪かったりするのは……。

ハッキリ言いますね? ごめんなさいっ! あなたに興味がないから!

 脈なしの相手に既読スルーされてもしつこくLINEを送るのは、さらに嫌われてしまうかも!

友達でもいられなくなるかも⁉ 気をつけてくださいね。

女性とLINEの既読スルーの概念が違う⁉既読を付けることは「了解」の意!

えっ⁉ そうなんですか? でも、見る時間あるなら、ひと言返してくれたらいいのにって思っちゃいます。
女性としてはそう思うのも無理はありません。でも、そもそも男性との思考が違うってことも、理解を示してあげないとですね。

こう思っている男性って案外多い! コレ、ホント!

既読スルーを既読スルーだと思っていないパターンです(笑)

「なんだよ~、そうなの?」 ってホッとしてる?(笑)

既読したことを「読んだよ」とか「了解」と認識している男性、女性が思ってるより多いっ!

男性は既読スルーしているつもりがなくても、女性から見れば既読スルーになっちゃうんです。

勘違いで落ち込むパターンですな(笑)

LINEでのやり取りが、それで男性の中で完結してしまっているので、その場合いくら待ってもLINEが返ってくることはありません。

男性のLINEの癖、それを知らないと既読スルーに何度も悩むことになってしまうかもですね。

もしかして、今までいらぬ心配をしてたかも⁉ 

コレも、相手のことを知れたとポジティブに捉えてみては?(笑)

「どうやって返せば…?」LINEの返信を悩んでいるうちに時間が…結果既読スルーに!

既読スルーされるのは、わたしのせい⁉
そういうこともあるってこと、自分でも送ったLINEを見て振り返ってみてくださいね。

この既読スルーのパターン、これはLINEを送るあなたに原因があるのかも⁉

あなたの送ったLINEのメッセージ、それがどうLINEを返したらいいいかわからないLINEだったなんてこともあるんです。

男性側にばかり既読スルーの原因がある訳ではない! という事実……知ってました?

えっ⁉ わたしもしてるのかな……? って不安になってる女性、多いでしょ?(笑)

男性を困らせるLINEはコレ!

“長々と長文のLINE”や“愚痴やネガティブ発言満載のLINE

やっちゃってない?

コレでは相手は読んでいるだけでどんより……。もちろんどう返したらいいかなんてわからないんです。

また、女性に多いLINEにこんなものも! それは“スタンプだけのLINE”

そんなLINEも……「え?なに?」ってなるだけでどう返したらいいかわからないLINEの代表。

元々LINEやメールなどマメでない男性は、めんどくさいと思ってしまうこと間違いなし!

男性を困らせるようなLINEは既読スルーされる危険性大!

気軽に送れるLINEですが、相手を考えた内容を心がける必要があるんです。

既読スルーする相手にだけ、その怒りを向けてはいけないですョ?

LINEが既読?男性が「1時間以上も既読スルー」するホンネ4つ! についてお話してきました。

いかがでしたか? 

男性がLINEを既読スルーするのは、こんな心理からだったんですね。

あなたは男性の既読スルー、どう思っていました?

男性が既読スルーする心理と理由、コレが分かっていれば! 既読スルーされてもそんなに気に病む必要はないのではないでしょうか?

LINEが普及する前には、既読スルーでこんなに悩むこともなかったんです。そこまでこの既読スルーに振り回される必要もないんです。

相手のことを思いやることができなければ、恋愛は成立しません。

直接会えないLINEだからこそ、気遣いや温度が感じられるLINEであることが大事なんですね。

既読スルーされるLINE、あなたは送っていませんか?

LINEの送信ボタンのその前に! “そのLINE、送って大丈夫?”そう自分に問いかけてみてくださいね♪

男性がLINEを既読スルーするその背景には、ちゃんと男性の本音が隠されていたんです。既読スルーに一喜一憂しているばかりでは、男性の気持ちは掴めませんよ?

この記事を今見ているってことは……「また既読スルーされた…」「なんでいつも既読スルーするの?」って、男性にLINEを既読スルーされる理由がわからなくて、モヤモヤしているからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから、どういうLINEメッセージが既読スルーされたのか?これから不安に思っていることなど、具体的にわたしに教えてください♪

私、雪野にこが対策方法を送ります!

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとして解決策をお送りします。

お気軽に相談を送ってくださいね!

 

筆者:雪野にこ

2019/07/10 12:00 専門家:雪野 にこ片思い好きな人女性

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

12,117 人がイイネしました♪

雪野 にこに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

雪野 にこ

雪野 にこ

看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について