上月 あや
に相談する

coicuruトップページ > 恋愛マニュアル > 浮気した男が…彼が彼女以外を選んでしまうきっかけ!

恋愛マニュアル

浮気した男が…彼が彼女以外を選んでしまうきっかけ!

浮気した男が……本気に! 浮気した男も許せないけど、他の女を選ばれたら…最悪です。人は1度、嫌いになってしまったらなかなか好きには戻れません! それは男性も女性も同じです。浮気のきっかけとなる、今日は男性が女性に幻滅してしまう瞬間についてお話したいと思います。

これは、男性があなたに幻滅して浮気して他の女性を選んでしまう、怖いきっかけです。

こんな行動をとっていたら、男性から嫌われてしまいますよ! 浮気してしまう男は当たり前です。 ちょっと思い返してみましょう!

浮気に走る男のきっかけとなるこれらの特徴は特に、付き合いが長くなったり、緊張感がない女性に多いです。

いわゆる行動のおばさん化というやつです。男性は女性に対して理想を抱くものです。

女性にはいつまでも女性らしくいてほしいと願っています。それは女性も同じですよね!? 

男性は男らしく輝いていて欲しいと思います! 「その理想を壊されてしまったら?」、当然、愛情も冷めてしまいます。

男性は別のところに理想を追い求め、つまり浮気です。するつもりがなくても浮気に男は走ります。あなたのところからいなくなってしまいます。

浮気……そうならない為にも、次の2つのきっかけには気をつけて下さい!

図々しい…浮気する男のきっかけ

まずは、男の浮気のきっかけ、彼女が図々しいです。

こうなってしまったら、可愛げがなくなってしまいます。

あなたの中で当たり前になってしまっていることありませんか?  

男が浮気に走りやすい例えをお話ししますと、彼氏にご飯を奢ってもらうのが当たり前、彼にゴミ捨てしてもらうのが当たり前とか。決して当たり前なんてことはありません。

男に浮気させない為には常に感謝する気持ちを忘れないようにして下さい。そして、そのことを「ありがとう」とちゃんと口にすること。それだけで可愛げがある女性になれます。

可愛げがある女性には何でもしてあげたくなるのが男性です。浮気なんてしません。逆に、図々しくなってしまうとしてあげたくなくなってしまいます。

結果、男性は、他の女性に浮気に走るわけです。そして、あなた以外のその女性は、きっと彼に「ありがとう」を連発しているでしょう。

関連記事

彼氏に浮気を後悔させたい!浮気したことを彼氏に後悔させるには?!

恥じらいがない…浮気する男のきっかけ

恥じらいがないというのも浮気をしてしまう男のきっかけです。これは、怖いことにだんだん女性として見れなくなってきます。

付き合いが長くなってくると、恥じらいが薄れてきます。化粧をあまりしなくなったり、着替えるときに隠さなくなったり。トイレでカギを閉めなかったり……。

どうですか? 見覚えありませんか? 

男性は恥じらいこそ女らしいと思います。男性の前で裸になって平然とするようになったら、色気も感じることができなくなってしまいます。

浮気したくなる男の気持ちも分かります。色気を感じなくなったら、興奮すらしなくなります。

男性にとってエッチもただの義務行為になってしまうかもです。これこそ、浮気に男が走ってしまう原因にもなります。

男性の理想を壊さないであげて下さい。

関連記事

浮気しない男の5つの特徴!こんな男は「絶対浮気しない!」

男性って意外と見ていないようで、あなたのそういうとこをちゃんと見ています。

ちょっとした行動で冷めてしまった! 浮気してしまった男性!  なんてことは驚くほどよくある話しです。

男の浮気は甲斐性なんていいますが、されたら悲しいことです。周りを見渡すと自分では気づいていないのか、幻滅されてしまう要素を持った女性がたくさんいます。

最近、旦那(彼氏)が冷たいと思ったらまず自分の行動は大丈夫か思い出してみて下さい。

これがいつまでも仲良く、浮気を男にさせない関係を続かせるコツでもありますよ♪

 

筆者:上月あや

2015/10/17 12:00 著者:上月 あや男性女性幻滅行動浮気

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック!

14,338 人が応援中です♪

上月 あやに相談する

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

著者

上月 あや

上月 あや

上月あや:長崎県生まれ、福岡県育ち。ライター歴、4年。責任感が強いがゆえ、できることとできないことを瞬時に判断してできないことはスッパリ断る。現実主義。そんな性格から自身の執筆しているコラムの読み手や相談者に対しても、リスクの軽減を最優先として、歩調を合わせて目標を達成していくことを方針としている。

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について